人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 22日

最終回 小船梅まつり

 二回目の掲載ですが…
 今年で最後と言われる「紀和町・小船梅まつり」が土曜日にあります。
 天気予報は「晴れ時々曇り」だそうです。
 旧上川村の熊野川沿いの集落、楊枝・小船・和気などは前が大河なので山間でも空は広いですし、南に開けて明るい郷です。
 ただ、河川敷も広くないし、高台も少ないので大洪水の時は怖いようです。
 明治の大洪水では下の段の家が流されたそうで、「ここから下に家を建てたらあかん」と言う言い伝えがあるようです。
 それを守っているので、先年の12号台風洪水でもかろうじて大丈夫だったようです。
 これからもそれは守られるのでしょうけど、住む人が居なくなるのかも知れません。
 熊野市の中心から見ると山の向こうの三和大橋があるので普段は新宮に出るのも不便ではないのですけどね。
 行政的には大河があるので三重県ですか、筏流しの時代から新宮の経済圏は変わっていないようです。
 梅まつりもお客さんの多くが新宮の人みたいです。
 すでに集落の人口が激減しているしここ先が心配なところです。
 災害でやられた梅畑は元に戻っていますが、生活を維持するほどではないようです。
 そして、外の人から忘れられてゆくのかも知れません。
 良いところだけど、「住んでください」とは言いにくいところです。
d0045383_21520070.jpg
 多分、馴れずしなどの出店があると思われます。
 この川沿い、十津川にかけては「馴れ寿司」の本場ですからね。



by je2luz | 2018-02-22 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26507068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 春が近いようです      裁量労働制ねえ・・・ >>