LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 08日

熊野の旅 小船梅まつり 最後だそうです。

 この数年、もう無理ではないかと思われていた地域主催のイベントの一つに、「紀和町・小船の梅まつり」があります。
 何しろ、住民が居なくなってしまい、外からの応援部隊で運営しているのが見えている状態でしたからね。
 「神川の桜まつり」は終わりだと言われていたのが組織が変わって維持する方向になったと聞きます。
 「飛鳥の夏祭り」は母体だった飛鳥青年会議のメンバーの減少と高齢化で消えています。
 「五郷のいいさと祭り」は一度は消えましたが何とか復活していますね。
 昔からの鎮守様の祭りのようなものでも段々維持するのが大変なくらいですから…
 町内の稲荷さんに初詣も維持できなくなったのです。
「イベント」として祭事などにかかわらないものは、地域内での位置づけも難しく、後継者を見つけるのも、もっと難しいのでしょうね。
 さみしい話ですが、今のところでは梅まつりは今回が最終回と言う方向らしいです。
d0045383_20455428.jpg
 「第32回 小船梅まつり」
 2月24日土曜日 雨天の場合25日日曜日

 2月25日には金山の普門寺で「観音講」があるようです。
 これは地域のお寺さんですが、お参りは出来る様です。
d0045383_21460769.jpg
 これは昨年の「観音講」の光景です。
 近在の住職さん勢揃いのようですね。
 写真の時刻が12時過ぎになっています。
 お参りするならその前には着いた方が良いでしょうね。
 普門寺さんは金山バス停から育生道に入ってすぐ、駐在所の上です。
 


by je2luz | 2018-02-08 04:11 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26426641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 月例 広報くまの2月号      熊野の旅 フォークダンス世代 >>