LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 06日

熊野の旅 また一軒・・・

 最近の熊野市ではお店の新規開店なんてないです。
 閉店やら移転やら…
 駅前でタイ焼き屋「長嶋屋」さんが引っ越して芝園へ行かれたし、中華料理屋「丸山飯店」さんが閉店されたし…
 名店が減ったと思っていたら、今度は通称熊野ゴム印「印ロック」さんが松原から有馬に引っ越されました。
 ここで合い鍵を作ってもらった人も多いでしょう。
 今度は口有馬から南郷運輸・農協・産田さんに向かう道の踏切手前にプレハブのお店を構えています。
 山に向かって踏切手前右側で、直ぐに分かると思います。
d0045383_20444736.jpg
 これが引っ越した「印ロック」さんです。
 昔はこの向かいに銭湯もまりましたね。
 その昔にはこの右手、松原の端っこに「観海荘」とか言う洋館建てのホテルもありました。
 左に下がると日本旅館もあったし…
 松原もずいぶんお店がなくなりましたね。
 松原商店街は今でも頑張って「竜宮さん」の夏祭りもやっています。
 このように、商売人がいるところは頑張っている町も残っています。
 ただ…
 中心部でも商店街が分散したままで歯抜けになるので対策が出来ないです。
 木本本町・記念通り・松原・赤阪・井土…
 むかし、木本本町通りがさびれかけた時に、記念通り入口の国鉄バス車庫の払い下げを貰って、下駄ばき店舗を作り「セブンストアー」を作ったことがありましたが、商店街再編の波はその一波で止まりました。
 そして、初期に移ったお店で残っているのがあるのかどうか記憶があいまいです。
 駅から250mほど、記念通り入口と言う当時の熊野市では最高の立地だったのですが…



by je2luz | 2018-02-06 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26420439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 フォークダンス世代      泥縄ですが… >>