LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 19日

熊野の旅 おおごっそう

 昨夜はかなりの贅沢をしました。
 今年初水揚げの「遊木のサイレ」を「新鹿の魚作」が競り落としたと言うことなので、丸干しが仕上がる昨日のお昼過ぎに新鹿へ…
 去年は水揚げゼロでしたから、まともに地場物の丸干しが出来上がるのは二年ぶりなんです。
 その「新物」を無事にゲットしてきました。
 たった1.3トンですから、町には出回るはずがないのです。
 久しぶりに魚作に顔を出した甲斐がありました。
 この貴重なものを干したやつですから結構高かったです。
 脂が落ちていてきれいに仕上がっていました。
 大きさも小さめ…一寸不ぞろい…

 私は「サンマ・さいれ」を食べるときは一杯食べます。
 北海道物のような生は二匹とかですが、この辺の干物だと三本とかをむしゃむしゃと…
 でも、今年のだと3本食べるとタスマニアビーフのステーキより高いくらいです。
 次にいつ捕れるかわからない新物ですから「プライスレス」と言う感覚で…

 「サイレの丸干し」は「ごちそう」ではありません。
 でも、昨夜は「おおごっそう」でした。
d0045383_20444640.jpg
 旨かったですが、これでは困りますね。
 「さいれ・サンマの丸干し」は庶民がむしゃむしゃ食えるものでなくてはいけません。
 その状態にならないと干物屋さんがやって行けないでしょう。
 今は、熊野のスーパーで「宮城産」「青森産」「静岡産」を干したのがずっと並ぶようでは困りものです。
 でも、「熊野で干した丸干し」を継続し味を守るためには原料の仕入れが必要でしょう。
 ただ…
 痩せた物を探してこないといけませんけどね。

 早くこいこいサンマ君!



by je2luz | 2018-01-19 04:28 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26363062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 大寒 二十四節季      熊野の旅 離郷 離村 墓じまい >>