人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 25日

久々の雨

 これを書いているのはクリスマスイブとか言われる12月24日の夜です。
 夕方から外は雨になったようです。
 暖かいですから、夜更け過ぎになっても雪には変わらないでしょう。
 三十年ほど前かなあ・・・
 クリスマスイブにこの海岸線にも雪が降り、夜更け過ぎには真っ白に・・・
 「ホワイト・クリスマス」でしたが、飲みに出ると誰も居ませんでした。
 家庭持ちの人はその頃から「ホーム・クリスマス」になっていましたからね。
 今と違い「イルミネーション」なんてものも無いし、カップルで歩く場所も無かったですね。
 まあ、雪など降らない方が良いですね。
 少し冷えると熊野の山間部は簡単に雪に変わり道路にも積もりますからね。
 今の木本だと二桁ですが、もう、飛鳥では一桁の中頃かな?
 ちょいと気圧配置が変わるとマイナスですからね。
d0045383_22284787.jpg
 今年の初め、1月14日にはこの浜のそばでも雪は降りましたからね。
 こんなのは要りません。
 雪が降ってもスキーが出来るほどにはならないで、事故だけ増えますから・・・

 私が子供の頃・・・
 昭和20年代~30年代って今より寒かったです。
 飛鳥などでは雪の積もることも結構あり、学校で雪合戦したこともありますね。
 そんなに寒いのにまともに靴下も履かせてもらって居ない子が居た時代です。
 手には「ひび」や「あかぎれ」が・・・
 耳には「しもやけ」が・・・
 寒いし栄養状態も良くなかったのでしょう。
 飛鳥の学校には「ストーブ」なんてものはありませんでした。
 始業の前には教室で体操して手を擦り合わせたり・・・
 その頃の子供は辛抱強いのではなく、辛抱するしか無かったのでしょう。
 子供の数は今の倍以上いたのです。
 親の手が回らなかった分子供は丈夫に???
d0045383_21250994.jpg


by je2luz | 2017-12-25 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26264605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< サイレが少し揚がった!      長丁場なんだ! >>