LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 21日

熊野市特産 ハバネロ

 熊野市ではハバネロなる超激辛の唐辛子の栽培を役所主導で行っています。
 熊野市の公式HPでもPRしていますが、とうとう、イベントまでするようです。
 「どんぶりフェア」「くまのバル」なんだかんだとやっているのに加えるのでしょう。
 市の説明では…
1 目 的
  唐辛子については、市において平成 26 年度から産地化に取り組んでいるところですが、今回、生産量の確保に目途が立ち、試験販売が可能となりました。
  こうしたことから、地域内で唐辛子への取り組みについて一人でも多くの皆さまに認知して頂き、市内飲食店の活性化を図るため開催するものであります。

 と言うことですが、試作から言うともっと前からでしょう。
 普通の唐辛子とか鷹の爪とは違い「劇薬並」の辛さなので、普通には使いにくいものです。
 栽培の方ではこの劇薬並の辛さゆえに、猿もイノシシも鹿も手を出さないので山間部で栽培できるようです。
 このイベントに概要はこんな風に業者さんにメニューを開発してもらって販売促進につなげようというものらしいです。

第 3 回 熊野「辛いものフェア」の開催に係る参加事業者の募集について
開催期間:平成 30 年 2 月 1 日(木)~ 2 月 28 日(水)
募集期間:平成 29 年 12 月 11 日(月)~12 月 20 日(水)
*参加事業者の方は、平成 30 年 1 月 15 日(月)までに料理写真・金額・メニュー名等を事務局までご報告いただきますようお願いします。

 このハバネロに関しては少し前に取り上げましたが、金山に引っ越して空き家になっている「旧・有馬保育所」の一部を使って乾燥場を作るらしいです。
 入札は終わっているのですがまだ出来ていないようです。
 あそこには隣接して民家があるので、民家の反対側の部屋を使うように変更してもらっています。
 天然乾燥らしいですが、加熱などしたら近所が大変ですから…

 私の手元にハバネロの粉末製品はありますが、こんにゃくのキンピラなど作るとき、耳かき一杯ほど入れて炒めると目がチカチカして困るほどの辛さなのです。
 それだけに、慎重にやらないと大変な代物です。
 簡単に嬉しがって触ったり食べたりすると…
 あくる日からトイレに行くのが地獄だという話もあります。 
 世話をする職員さんも大変かと思います。
d0045383_20020374.jpg
 興味のある方は…
 熊野市役所
  農業振興課 農業振興係 吉村 光司・﨑 範敬 ℡0597-89-4111(内線 483)
に、問い合わせてください。

 福岡の辛子明太子の「激辛変更用シロップ」にハバネロ溶液がついていました。
 素人が使うなら、「ラー油」のようにして、一滴・二滴と使うとよいように思います。
 


by je2luz | 2017-12-21 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26251950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< イルミネーション      熊野市のPR…くましゃんスタンプ >>