LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 26日

猫・犬・鳥・爬虫類まで…

 なんだか世の中が裕福になったのか…
 やたらと、人間以外の生物と同居するようになったようですね。
 ひょっとすると、「ビジター」なんてのと同居始めていて、気が付かないでいるのかも…
 「猿の惑星」では「犬猫」が疫病でいなくなって「猿」をペットとして飼いだしたというのが話の入り口でしたね。
 今のところはそんな話にはなっていませんが…

 いつからなんでしょう?
 食堂などで猫や犬がうろついても良くなったのは???
 調理人など従業員には衛生管理がうるさいし、食器棚まで網戸をしろとか、調理場にはフリーでは入れる構造はだめだとかうるさかったのに…
 ゲージにも入れない動物が店でうろつく…
 人間よりは清潔?
 人間と動物では病気が違う?

 私は猫も犬も好きですし飼ってきました。
 自分ちの猫がうろついても平気でしたが、今の「猫カフェ」などには首をかしげます。
 「好きな人しか行かなければよい…」と言うのとは別の問題もあるかと思います。
 インコ・オウム。フクロウ…なんて鳥も店でウロウロ…
 予防注射なんてのもないし…

 こんな風潮なので「獣医」が足りないんだそうですね。
 だから「加計学園獣医学部」が新設されるのではないはずですよね。
 「獣医さん」とか私が心配するようなおかしな病気などの研究する機関としてできるのだそうです。
 人間のお医者さんでも「科目別資格」ではないので、「産科」などいなくなるんだそうですが…
 「加計」出身の獣医さんは「ペット医」さんにならないなんてちょっと考えられないですよね。
 超難関・超優秀。学究肌が集まるなんてこれも考えにくいですね。
 新設で伝統がなくて田舎にあって…
 はてさて、どんな獣医志望の子供が集まるのやら…
d0045383_21185058.jpg
 私の学生時代はこんな写真を撮って遊んでました。
 昭和38年頃の深夜の銀座です。
 新宿西口などでは赤犬を食わされるなんて話があった時代です。
 でも、決して心の貧しい時代ではなかったと思います。
 勤評・安保・学園紛争…
 穏やかではなかったですけどね。
 若い世代が「抵抗する気力」を持っていた時代でしたね。
d0045383_21373488.jpg
 時代は変わっても、私のメインカメラは「NIKON F」なんです。
 実写は「NIKON D800E」デジタルですけどね。



by je2luz | 2017-11-26 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26175298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 数字が語ること…      Thanksgiving Da... >>