LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 18日

生物の好きな温度って?

 冬って「寒いからいやだ」なんて言われますが、「暑いからいやだ」と言うのと、どちらが強いのでしょうね。
 「丁度良いのは三日しかない!」なんて言われますけど…
 最適気温15℃なんて言いますが、ゴロゴロするのは寒いでしょう。

 この辺では、冬になってくると、イメージとは少し違う植物が花を付けます。
 サボテンとかアロエとか、寒いと溶けちゃう多肉植物が妖艶な花を咲かせるのが冬なんですよね。
d0045383_23505562.jpg
 そろそろこのサボテンも蕾をつける頃です。
 我が家の応接間の窓際で何十年も居ます。
 日産プリンスが井戸に営業所のあった頃に貰ったやつが生きながらえています。
 こうしたコブコブを切り取って砂の上に置いておけば根が出て増えます。
 こいつが親分です。
 一番上のが古い部分です。
 手入れなんてしないし、根っこがほとんど無いのに生き延びちゃいます。
 気が向いたら水をやりますが、中々気が向かないし…
d0045383_00040431.jpg
 これは石垣の上のアロエ…
 蕾が出ています。
 この子も鉢植えの行き場がないので石垣に乗せておいたら、株がでかくなり、プラスチックの鉢を自分で割って石垣に居着いた生命力豊かな株です。
 雪の降った年もありましたが生き延びています。

 多肉植物って目茶目茶厳しい環境で生きているのが居るようですね。
 高山植物だって、「あんな所で居なくても麓に降りれば良いのに…」と、思ってもあんな所が良いようですね。
 
 人間でも温かくて住みよいところだと進歩しようとしないんだとか…
 「南方気質」なんて言われます。
 昔、N証券系のコンサル会社のえらい人が…
 「熊野の人は働きませんねえ…のんびりというか…」などと、「南洋の人」みたいだと言ったことがあります。
 「北国の人より年間20万円余って所得が低くても凍え死んだりしない…」
 「暖房代も下着代もジャンパー代も押さえられますから…」
 私も、長年ストーブを入れなくて済んでいます。
 夏も冷房無しで済ませられるし…
 実に暮らし良いところに居るってことですね。
 ぶったるんで居ても何とかなるってことでしょう。
 もっと北の方で暮らしていたら???

 魚だって南洋の海は綺麗なのは居るけど、大群ででかい連中は北の海ですね。
 さけ・ます・たら…
 ところで、「さいれ」の話が聞こえてきません。
 打てる手があれば打たなくては産業が消えます。
 業界では「遊木のサイレ」の名前が通っています。
 丸干しや寿司を生き延びさせるには、大事な知名度なんです。
 物産展で走り回った時代に実感したことなんです。
 四国沖でも同じ海域なんです。
 やってほしいですねえ…
 


by je2luz | 2017-11-18 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26152009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 許すって大事な事ですよね。      11月23日 >>