人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 04日

祭のはしご 二段目 五郷・飛鳥神社

 去年、小坂の飛鳥神社から五郷の飛鳥神社に向かい着いたのが11時過ぎ…
 なんと、みんな帰ってしまって絵にもなりませんでした。
 と言うことで、今年は早めに飛鳥町を出て五郷へ…
 10時15分に着きました。
 今はカメラのデータで時間が解るので便利です。
 
d0045383_20314382.jpg
 これは五郷の「飛鳥神社」です。
 ここの看板には「流谷飛鳥神社総社」とやら書いてあったように思います。
 こっちの方が飛鳥のより格が上???

 五郷の方が飛鳥より少し面積も狭く、五つの里の距離は近いです。
 寺谷・和田・桃崎・湯ノ谷・湯谷???大井谷・平・東郷などはどうなるのかな???
 飛鳥の場合、小坂の神社から一番遠い川下の滑地(なべらじ)までは歩いたら一時間では着かないでしょう。
 それでも、祭に集まってくる人は減る一方のようです。
d0045383_20434895.jpg
 ここでも呼び物は「もちほり」ですね。
 餅を撒き始めたのは10時58分です。
 これが終わると人が居なくなります。
 この写真に写っているのでほぼ全員です。
 広う人が減って居るのに撒かれる餅やお菓子は減りませんから、すごい量を拾っています。
 行儀良く据わって餅拾いして居ますね。
 でも、ここでも昔の熱気は消え始めています。
d0045383_20544038.jpg
 ここではまだ「浦安の舞」が残って居ます。
 二人になっていますけどね。
 一人は同級生のお孫さん…
 飛鳥の方はまだ4人です。
 舞姫を確保するのも大変でしょう。
 だから、「氏子」では無い娘も踊ることになるでしょうね。



by je2luz | 2017-11-04 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26064405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 今年は晴れるかな? 市民健康ス...      祭のはしご >>