LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 26日

年金生活者

 私は今から「年金生活者」の仲間入りです。
 10月15日で市議会議員を失職したので、厚生年金・国民年金・議員年金の年金支給の申請をします。
 私が以前の議員時代に資格を取得していたので、新熊野市の議員になってすぐ後で議員年金が廃止されても資格は生きています。
 最近、この議員年金廃止が身分の不安定な地方議員のなり手不足を増大させていると言うことで、議員を「厚生年金」に加入出来るようにしようという動きもあります。

 田舎では議員の報酬は決して悪いものではありません。
 しかし、昔通りに議員のなり手がでてくればこの身分は全くの保証の無いものです。
 そして、子育て世代のものだと報酬自体も充分とは言えない程度なのです。
 今の私は子育ても終わって独り身ですし、三つの年金の合算で飯は食えますが…
 これで議員年金が無ければ年金8万ほどになります。
 国民年金の人よりは良いのですが、一般企業の厚生年金の人を下回ります。
 私も落選などを経験し11年間議員で無い時代もありました。
 子育て中だったら…

 こうした事情もあるので、せめて「厚生年金適用」くらいはしてやって欲しいですね。
 「政務活動費不正」などが度々起きるので、「議員ってろくなものじゃ無い」と思われがちですが、そうした議員を排除するにも「まともな議員のなり手」を増やすしか無いでしょう。
 熊野市では「政務調査費」はありますが、マスコミに出てくるような高額でも無いし、実質的に動いた後での支給になっています。
 私は当初から「使わない」と宣言してやって来たのですが、同僚の皆さんとかく言われる使い方はしていませんでした。
 そうした環境で居たからこうしたことが言えるのですが、「悪貨は良貨を駆逐する」と言うことが起きがちだからと行って、全部を「悪貨」としてしまうと、議会制民主主義が死んでしまいます。
 議会が死ねば行政が暴走します。
 みんなでその両方を監視して自分達の生活を守りたいものです。
d0045383_19524009.jpg



by je2luz | 2017-10-26 04:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/25987743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 名刺      熊野の旅 決算報告 >>