LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 14日

熊野の旅 棚田を護る

 熊野市紀和町の丸山千枚田は日本棚田百選にも選ばれるきれいな棚田です。
 一事は放棄され山に戻りかけていたのですが、今は早稲田の教授になっておられる。北川正恭さんが三重県知事当時にこの棚田に目を付けて復活させたのです。
 当時はこの丸山地区は南牟婁郡紀和町だったと思います。
 この千枚田は1300枚ほどあると言う大規模なもので、古くは鎌倉時代?からだとか・・・

 まあ、ここまで良く開拓したものだ・・・というのが感想です。
 水は近くの谷からとっていますが、そんなに水量のあるものではありません。
 効率よく少しずつ高さを下げながら左右に分け下に落とし・・・
 「水盛り」という手法で測量したのでしょうね。
 たいしたものです。
 隠れ里のような所で塊根を続けた?

 水田は治山・治水にも役立ちます。
 でも、こんな地形に積み上げた石垣は崩れもします。
 ここでは、崩れてもコンクリートけんち石とか使うわけにも行かないので工事も大変です。
 「棚田」は景観を大事にしますからね。
 「稲作水田」としての価値はないですから・・・
 この千枚田も「観光資源」「文化財」として存在価値があります。
 「観光資源」と言うにはコストの割に銭は産みません。
 「オーナー制度」で協力を仰いでも採算は合わないです。
 維持するだけで2000万円を超す費用が必要です。
 それでも「文化財」として護る意義はあるでしょう。
 丸山地区の住民の方も高齢化が進むし、この先の維持がますます大変ですね。
 何しろ・・・
 「百選」と言うくらい日本中に綺麗な棚田があるんですから・・・
d0045383_21440766.jpg



by je2luz | 2017-09-14 04:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/25603469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 9月議会一般質問終わりました      本日より一般質問 >>