LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 08日

一般質問 市民を守ると言うこと

 今議会の一般質問、3項目目の質問は、今の市長と私との間で大きく違いのある部分に関したものです。
 まともな議論になるとも思っていないのですけどね。
 なにしろ、今の議会では一般質問の持ち時間は「60分」しかありませんからね。
 それに、こうしたもの0に関しては、「見解の相違」と言う便利な言葉があります。
 事業に関しては、「想定外」てえのが使われますしね。
d0045383_20154735.jpg
3、市民を守るとはどういうことと思われますか?
 市長と私とで認識がかなり違う部分に表題の「市民を守る」ということがあります。
 かつて木本の津波避難問題で、市長が「逃げなくてよい」と発言されました。
 芝園・志原尻の津波避難タワーでも市長は必要なしとされたのか予算をつけなかったと言うこともあります。
 どっちが正しいかは100年1000年単位で地震が起きてみないと分かりませんが、市民の生命を守ることが行政の一番の役目だと思われますが、市長はどのようにとらえておられるのか?
 市長の予算配分・施策を見ていると「市民の安全」より「観光・スポーツ交流」の方に力を入れているように思われます。
 市民よりよその人が優遇されている風にも見え、疎外感すら覚える人もいます。
 産業の面でも地場のものが置き去りにされていると感じられるところがあります。
 こうしたことは市長と私の見解の相違なのでしょうか?




by je2luz | 2017-09-08 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/25556050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 千枚田稲刈り      一般質問 紀和町板谷の道の駅は? >>