LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 05日

熊野の旅 聞いてないって!

 特例で初日に上程ー質疑ー委員会審査ー委員長報告ー討論ー採決まで行った、「紀和地域振興操業拠点整備事業工事・工事請負契約締結」と言う議案について・・・

 本会議での議案質疑で、「当初、古い建物の中に作るはずの、道の駅・売店などが外に出されて別の建物になるという大幅変更があったが、それによる工事費の上昇はあったのか?」
 「12号台風水害のあった場所だが対策はされているのか?」
 この二つを聞きました。
 通常の事前通告式議案質疑ではなく通告なしでしたが…
 二つ目の冠水になんしては、「12号ではタイヤがつかる程度だったし、建物は1mほどかさ上げするので大丈夫だと思う」と言う回答があったのですが…
 最初の「コスト」に関しては、本会議場ではまともな回答が出ず、委員会に持ち越されました。
 議案として提出しておきながら、少々お粗末・・・
d0045383_21463834.jpg
 この図面がこの事業のものです。
 赤枠が道の駅・売店部分で右側の建物から分離されて独立して建てられることになった部分です。
 他の部分は、古いコミュニティセンターです。
 ここに紀和出張所が引っ越してきます。
 それに伴って、図書室の移動とかホールの改造があります。
 この図面全部で改造や新築があるのです。
 
 入札は不落になり、三回目の最高入札業者と規定により、交渉の上で「随意契約」されたものです。
 契約金額  191,700,000円 です。
 不落の事例も増えているのですが、赤い部分を改造部分から分離して、新築にして「工事費は上がったのか?」と聞いても、「あまり変わらなかったそうです。」と言うような返事が返ってくるんです。
 何しろ、「入札にかかわる議案」と言うことで「総務課」が説明担当しますからね。
 他の議員からも「業者を泣かすのではないのか?」と言うことが出されても歯切れが悪いんです。
 そもそも、これほどの設計変更が議会に説明されずに進行しちゃうんです。
 「議会には説明の必要なし」が、市長の方針らしいです。
 確かに違法でもないのですが…
 この事業を認めるのとは別の所に大きな問題が存在します。

 本当に積算やってるの?
 比較検討などしてるの?
 まあ、土地の価格も自分らで決めちゃうくらいですからね。
 熊野市って誰のもの?
 市の予算って誰のもの????

 この事業の中身にはまだまだ問題があり、それは一般質問でやります。
 でも、その部分は「辺地の生活維持をどう考えるか」まで踏み込むので、おそらく、蒟蒻問答、見解の相違になるのでしょう。
 課長のレベルで答弁・決定できるものではないのです。
 「民間には力を貸さない」のが今のトップのポリシーですから…
 それでも繰り返せば少しは… 



by je2luz | 2017-09-05 04:25 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/25528901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 駅前の土地問題      熊野の旅 9月議会 2 >>