人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 31日

防災の日

 「防災の日」とは関東大震災の日をこれに当てていますね。
 日本、中央にすれば「関東大震災」は巨大な災害でしたからね。
 「東日本大震災」「伊勢湾台風」「熊本地震」「第一・第二室戸台風」「狩野川台風」・・・ それぞれの地方ではそれぞれの大災害があります。
 この辺だと、「伊勢湾台風」と「12号台風大水害」「東南海大地震」あたりが近代では大きなものでしょう。
 でも、昭和19年(1944)12月7日の東南海地震とか昭和34年(1959)9月26日の伊勢湾台風などはすっかり風化してしまっています。

 人間の脳は嫌なことつらいことは忘れるようにできているのだそうです。
 だから、忘れ良いことなのでしょう。
 それに、1944年から73年。1959年からでも58年です。
 物事の記憶が残るのが10歳からとしたら、東南海を知るのは83歳から上…伊勢湾台風だと68歳から上です。
 東南海地震は記録が消されているし、記憶は朧げでしょう。
 伊勢湾台風でも記録はそんなに残されていないし、記憶もそろそろ…
 このように、地元で起きた実際の災害でもこんな具合なのです。
 同じ風水害でも「伊勢湾台風」と「12号台風」ではずいぶん様子が違いますね。
 こんな具合ですから、「防災」を語るのはすごく難しいです。
d0045383_12381779.jpg
 「防災訓練」てのもずいぶん見てきました。
 起きる事態を想定して筋書きを作って訓練しますが、下手すると、「訓練のための訓練」「実績作りの訓練」になってしまいます。
 大掛かりになるとそれが目立っちゃいます。
 無駄とは言いませんが・・・
 「上陸用舟艇まで動員した資材人員の陸揚げ作戦」など、その典型でしたね。
 その「失敗」を総括した話は聞きませんし、再チャレンジもなかったですね。
d0045383_1304071.jpg
 「地震てんでん」じゃあないですが、「防災」って「心構え」がすごく大切でしょう。
 心に備えがなければ。自身が結っても動けなくなるし、大雨でも避難しようとしないでしょう。
 それに、「出先」でも少し気配り目配りした方がよさそうです。




by je2luz | 2017-08-31 04:26 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/25486794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 9月定例会議案質疑・...      熊野の旅 秋です >>