LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 24日

最後は人

 福祉施設でのトラブルが多く発生しますね。
 乳幼児の施設から保育所などの子供の施設、年寄りの方では色んな制度で運営されている施設があります。
 自力で完全な行動の出来ないこうした施設の対象者を安全、快適に面倒見るのは非常に難しいと思われます。
 当然、ある程度の事故は発生するでしょう。
 その事故は可能な限り小さく済ませられるように努力はされていると思います。
 業務に当たられている方々の肉体的、精神的な吹いたんは大変だと思います。

 残念なことに、事故ではなく事件が発生しています。
 どの事業でも、最後は人間がやることなので想定外のことも起きるでしょう。 
 外部から見ているとよくわからないことでもあるのですが、制度と言うより職域環境で出来そうなことは、やっぱり、人間関係の改善なのでしょうね。

 自分の子育てでも一人で抱え込んでしまうお母さんにいろんな問題が出るようです。
 まして、他人さまで聞き分けのない子供や人を扱うのですから、ストレスは想像以上なのだと思います。
 ものすごくむずかしいけど…
 「風通しの良い仕事場」を作るしかないのでしょうね。
 スタッフ不足もあるし、相性もあるし…
 でも、今の社会で放置できない問題でしょう。
 合わないと自覚しても辞めることもできない…
 
 そうした取り組みの出来る地域社会を作りたいですね。


by je2luz | 2017-08-24 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/25415877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野も夏です      熊野の旅 豪華列車 豪華汽船 >>