LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 19日

熊野の旅 最後の夏祭り 

 「熊野大花火大会」の前夜には木本町古道通り、三丁目から関船町に掛けて夜店が立ちます。
 昔。三丁目の夜店があったのですが、今では16日になり「花火大会前日の夜市」として商工会議所が行って居るのかな?
 この夜は井戸や有馬では灯籠焼きの花火があるのですが、帰省客の中で「熊野大花火」目当ての人にとってはぽかんと隙間になり、この夜市が丁度良い暇つぶしにもなる様です。
 人出は結構多いです。
d0045383_21052228.jpg
d0045383_21082148.jpg
 以前に土砂降りになった年もありました。
 今年も途中でパラパラ来ましたがお客さんが逃げ惑うほどでは無く、最後の抽選会まで持ちこたえていました。
 以前には飛鳥にも「飛鳥青年会議」が夏祭りをやって居て、随分賑わっていたのですが、「青年会議」もどんどん歳をとってしまい、夏祭りも今ではなくなってしまいました。
 こうした祭は帰省客にとって暇つぶしと級友との再会の機会となり有り難い物なのですが、実行部隊が居なくなってしまうのです。
 この三丁目の夜店も、木本高等学校吹奏楽部の協力がなければどうなる事やら・・・

 こうしたタイアップも活用しないと人材が不足しますね。
 高専がなくなったので木本高校の生徒さんが頼りですね。
 公立高校なのであまり自由はきかないようですが、クラブの資金稼ぎの他、駅前の「熊野世界No.1   フェスティバル」や「古道の会」の小さな路上演奏まで協力してくれています。
 地域に根を張った部活動になって居ます。
 勉強の邪魔にならない程度に街と解け合えば「郷土愛」も「ふるさとの思い出」も育まれると思います。
d0045383_21261809.jpg
 こうして、小さな子と触れ合っている時の高校生って楽しそうです。
 兄弟が一杯居た時代、近所に一杯子供が居た時代なら、小さな子の面倒見るのは珍しい体験では無かったでしょうけどね。
 これも大事にしたいことです。



by je2luz | 2017-08-19 04:32 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/25368649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 集客とインターネット      熊野大花火大会 呼び物「鬼ヶ城... >>