人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 11日

熊野の旅 熊野大花火大会

 あと一週間で花火です。
 天気予報があまりよくないですね。
 今年は梅雨がなかったり、台風が消えなかったり…
 この辺は大したことないですが、各地で豪雨とか…
 ここに来て、関東や東北で「日照不足」だ問題になっていますね。
 そんなおかしな気候ですから天気が安定しません。 
 17日まで悪いのだとか…
 低気圧の動きが少し早ければ晴れるでしょう。
 でも、16日の夜も晴れないと、前夜祭・三丁目夜店が困りますね。
 とにかく、16日17日は晴れてほしいです。

 熊野大花火は、昔、「木本の花火」と呼ばれていました。
 発祥が木本の極楽寺の灯篭焼きに由来する江戸時代からのものです。
 木本の花火もころは、木本中の人が寄付をして花火を維持していました。
 熊野市の花火になって段々木本の人との縁は薄れているようです。
 今では町内会で寄付を集めるなんてありませんしね。
d0045383_1655466.jpg
 昔の花火は時間がかかりました。
 始まる時間は今と同じ午後7時ごろでしたが、花火と花火の間隔が広かったのです。
 点火も電機ではなく火縄と火種でしたから、遠隔操作もできませんでしたしね。
 仕掛け、早打ち…
 数は今より少なかったのだと思いますが、終わりは日が変わってからでした。
 長い時間かかるので、夜店もよく売れました。
 自家用に桟敷では夜食も用意されました。
 今の花火は効率よくやるので、19時10分に最初の打ち上げが挙げられてから。最後の鬼ヶ城大仕掛けが始まるのが20時45分ですから終わるのは21時ちょっとすぎでしょう。
 つまり、2時間しかかからないのです。
 効率よく花火は見られるけど、遠くからきてすぐ終わっちゃう…
 短いので露天商さんは商売になりにくいようです。
 色々と変化、変質してきました。

 交通事情は良くなっています。
 浜の込み具合も楽になっています。
 つまり…
 お客さんが減り気味と言うことでしょう。
 公式発表も20万人と言う超水増し以来少しずつ正常化に向けて減少させ、確か去年は14万人にしてあったように思います。
 
 去年の鬼ヶ城大仕掛けが骨抜きになって、評判が悪く、「熊野大花火大会」の先行きが心配されたのですが、なんとか、復活の方向に動いたようで、今年は少し期待しましょう。
 熊野の花火を知っている人に言わせれば…
 「鬼ヶ城みなきゃ熊野の花火を見たと言えない」
 「熊野の花火は鬼ヶ城の音と地響きが看板」
 と言うことですから、これを殺したら熊野の花火は終わりでしょう。
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村


by je2luz | 2017-08-11 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/25260331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 お盆だけど…      熊野の旅 山の日 お盆帰省 >>