人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 27日

熊野の旅 防災公園野球場

 7月31日に熊野市議会臨時会があります。
 この議会には二つの議案と一つの報告事項が上程されます。
 市議会には年に4回の定例会があり、通常の審議事項はそれに掛けられますが、その間に、本来は議会の議決、承認を必要とするべき事柄も起きてきますが、手続き上、間に合わないときは、「市長の専決」で実行し、後日議会の承認を得るという手法も認められています。
 以前に、議会とうまくゆかない市長が全く議会を開かないで「専決」の乱発をして問題になった自治体もありましたね。
 熊野市ではそうした異常な事態は起きたことがないので、臨時議会も開かれています。

    第1号議案 工事請負契約の締結について
 契約の目的 防災公園野球場市日事業
 契約の方法 指名競争入札
 契約の金額 164,376,000円
 契約の相手方 I組(地元業者)

 着手   市議会の議決の日
 完成   平成30年3月26日
d0045383_22093706.jpg
 フィールドの舗装やフェンス。スコアボードなどの工事でこれで野球場の姿が現れるはずです。
 「防災公園野球場」と言う不思議なものですが、「三重国体」?「インターハイ」?に使うのかな?
 まあ、市民にはあまり関係ない代物です。
 補助金の先延ばしで遅れていたのですが、そうした使用目的があるので出来上がるようです。
 このような8億とか10億かかる無駄?な事業も、国の審査が通っちゃうと途中で止められなくなるのです。

 亀齢橋から駅にかけての電線地中化工事も、第一期の工事着手と同時にクレームをつけましたが、一期分はそのまま工事がなされ、記念通りに入ってから先、上木本までの分は計画申請を止めてもらったので現状では行われないことになっています。
 こうしたものを止めるのもなかなか大変なことなのです。
 表立っての反対運動とかしないで、止めるほうがその先の他事業への補助金問題などを考えると得策なのです。
 耕作する人間の成果が表に出ないので地味で、誰にも知られないことが多いです。
 これが私流のやり方でもあります。

 物を作ってもらう、要望を聞いてもらうということでも、同様ですね。
 表面だって「○○同盟」なんて作って動く方法もありますが、格好つけることが足を引っ張ったり、役所のメンツを傷つけることになり、うまく行かないこともあるのです。
 個人や議員の手柄なんて小さなことです。
 必要なものを手に入れることが大切なんですから…
 
 こんな手法で政治を行うので「二流」に見えちゃうのかもしれませんね。
 これも私の性格です。
 でも…
 「市民のための政治」ってこういうものでしょう。



by je2luz | 2017-07-27 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/25070474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 役所の職員配置      熊野の旅 紀和町も大変だ >>