LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 26日

熊野の旅 紀和町も大変だ

 今は熊野市ですが、10年余り前までは紀和町は独立した自治体、南牟婁郡紀和町でした。
 さらに前は、西山村・入鹿村・上川村でした。
 この一帯には銅山があり結構古くから栄えたところだったようですが、昭和30年代に入り鉱山が閉鎖されると、平地もないところですから、一気にかそかが始まり近年はそれに高齢化が加わっています。
 入鹿村の中心だった板屋以外は山間部の小さな集落が点在しています。

 種楽が離れ離れだけに、いろんな行事もバラバラみたいです。
 私が顔を出したイベント、お祭りでも…
 小森桜まつり・小船梅まつり・楊枝薬師まつり・紀和の火祭り・紀和町ふるさとまつり・千枚田田植え・千枚田稲刈りなどあります。
 他には千枚田虫送り・X八幡神社など各村のまつり…
 よそからやってくる、ランニングトレイル…ツール ド 熊野
 鉱山が盛んだったころ…昭和15年(1940)から昭和25年(1950)にかけては人口も10000人を越えていたのですが、今では1/10の1100人ほどなのです。
 1100人…高齢化で1/3が戦力外になってきているところで、これだけの行事を行うのはかなりしんどいでしょう。
 ほぼ同じ人口の熊野市飛鳥町は元々飛鳥村一村で、村祭りは飛鳥神社の大祭だけですが、そこでは長年やってきた「飛鳥町民夏祭り」が出来なくなっています。
 紀和町は頑張っている方でしょう。
 雰囲気の少し違うのは、新宮とかに出て行っている紀和の子供たちがイベントに帰ってくる率掛けこう高そうなことです。
 「郷土愛」???
 育てるのには時間もかかりますけどね。
d0045383_21394036.jpg
 観光施設も「清流荘」「湯ノ口温泉」「トロッコ電車」「選鉱所跡」「赤木城跡」「千枚田」「熊野古道・風伝峠。横垣峠」「キャンプ場」「市民農園」など1000人にしては盛沢山ですが、すべては赤字??? 
 観光って難しいです。
 近年だけでも15億以上放り込んで経常赤字が増えるだけですからね。
 
 観光客が田舎・秘境に求めるものは「立派なもの」「きれいなもの」ではないのに、気の利いたものを作り上げ…
 事実、「湯ノ口」などは田舎流には立派ですが、元々のフアンには不評気味なんです。
 何か勘違いして設計するようです。
 今更変更できないし…
 市民は優遇されていないので通わないし…
 どうせ赤字なら市民の福利厚生になれば…

Citizen first !
For our citizens , not for outside people .



by je2luz | 2017-07-26 04:27 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/25056064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 防災公園野球場      熊野の旅 エカテリーナ >>