LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 13日

熊野の旅 これで動き出すのですか?

 昨日、私が新聞社4社と接触しました。
 市長選まであと三ヶ月・・・
 町に出ればどうするのか聞かれるし、少し前からは聞かれれば「出ますよ」と答えるようにしていました。
 町中で私の動きが広がり出す前に普段から付き合いのある新聞社さんには耳打ちしておくのも当たり前のことですからね。
 「出ます」と言っても、選対を立ち上げ選挙事務所を作るわけではないので私の行動は変わりません。
 今の私の本業は「市議会議員」ですからね。
 市民の方から市議会議員として働けと言って送り出されたのですから・・・
 その延長に、「市民のための熊野市を作りたい」と言うのが在るわけです。

 熊野市は二代目坪田さん、三代目西地さん、四代目河上さんと、ずっと、公務員あがりの市長さんが座ってきました。
 必ずしも悪いことでは在りませんが、民間人と感覚の違いがどうしてもあります。
 県職-県職ー国家公務員ですから・・・
 そのズレを普通の市民の感覚に合うように戻したいというのが私の願いです。
 だから、目立つ公約をぶち上げる気はありません。
 散々箱物を作り、後年度負担を積み上げてきたのですから、その、負の遺産とも言える箱物を維持するのも大変なのです。
 今更、やめるわけには行かない事業も続いています。
 舵を切るのも大変です。
 内情と制度面のことを知っていると余計に大変です。
 それでも、やらなくては・・・
 長期政権を担うことが出来ないからこそ、出来ることも多くあります。
 「保身」と言うことを考えなくて良いですからね。
 県や国に叱られることでも、責任をとる形で自分がかぶれば済むこともあります。
 長年、熊野市と熊野市民の方方に育てられてきたのです。
 せめて、少しは恩返ししないといけないでしょう。
 きれい事では無く、それが私流だと思います。
 子供の頃から叱られるのには慣れていますしね。

 まあ、私は変わりませんから、普段通りに付き合って下さい。
d0045383_21032124.jpg



by je2luz | 2017-07-13 04:13 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/24853431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 連絡網の整備      熊野の旅 一匹狼でよかった >>