人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 05日

熊野の旅 冬の熊野路要注意箇所

 南国紀州にも寒い場所があります。前にも書きましたように紀伊半島が暖かいのは南の方だからではありません。目の前を黒潮が流れているからです。だから、黒潮の恩恵に与れない一山越えた山間部は冬場にはちゃんと冷え込みます。
 こうした気象条件ですから、国道42号線も夜間には凍結する箇所が結構あります。
 海の見えない山間部は凍結すると考えていいわけです。ただ、よそから来た人にはその山間部がわかりませんね。昼間は雪でも降らない限り42号線は凍りません。道の外に雪があれば誰でも警戒しますね。夜になると地形は分からなくなるし。悪いことに北国の道路のように前面凍結しているのではなくほんの10mとかが突然凍結しているのです。真っ白になるのではなくぴかっと光っているだけです。最近は国道管理事務所が毎晩のように凍結防止剤を撒いてくれますから随分安全になりました。
 南国の国道だからと油断しないで、凍結防止剤の粉が散っていたり、その区間だけ道路の外がぬれていたりするときはそこが凍結区間ですから速度を落として通過してください。と、言ってもあわててブレーキを踏んで本当に凍結していたらかえって危険ですね。
 山間部で山のそばを走るところは日当たりが悪いので危ないわけです。そうしたところで速度を落としてもさほど時間は変わりません。信号も停滞も無い国道ですからね。伊勢自動車道を降りてから熊野まで110Kmです。のんびり走っても2時間一寸です。あわてて走っても2時間ほどです。冬の夜中だけはのんびり走ってください。夏は夜の12時までは夕涼みの取締りがあるときがあります。冬はお巡りさんの代わりに冬将軍がわなを仕掛けているときがあります。お気をつけて・・・
d0045383_1371516.jpg


by je2luz | 2006-01-05 13:07 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/2480773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野古道と野生動物      熊野の旅 冬こそ熊野へ >>