人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 04日

熊野の旅 冬こそ熊野へ

 あけましておめでとうございます。
 今年最初の書き込みです。
 冬になると帰省客とか以外は旅行者が減ります。雪で交通機関は乱れるし、北風は冷たいし・・・旅をするには厳しい条件ですからね。
 日本列島の中でここ熊野は南の方です。緯度から言えば熊野市は山口県光市と同じくらいで北九州より北なのですが、目の前の黒潮のおかげではるかに暖かくなっています。
 今年は北極からの寒波が次々と南下して豪雪になっていますが、ここではひらひらと降り残しの雪が舞うことがあってもまともに振っていません。
 熊野は元々『熊野・ゆや』=『幽野』とも言われますが、もう一つの呼び方が『牟婁・むろ』=『室』・・・暖かい場所なのです。
 寒い奈良や京の都から見れば雪もほとんど降らない熊野の海岸線はまさにムロの地ですからね。
 『寒い場所には寒いときに行け・・・』は一つの真理なのですが、スキーとか出ない限りやはり行動に制約がかかってしまいます。そんな季節は雪も降らずいつでも歩き回れる南に下りてくるのが得策だと思います。
 山の緑はこの時期くすんでいますが、海はいつでも輝いています。
 七里御浜に座って海を眺めていても天気がよければ寒いと言うことは少ないです。真夏では砂利が焼けているので朝早くと夜でないと浜に座ることも出来ません。
 木本町の海岸沿いの国道にはほかほか弁当の『かまどや』、ハンバーガーの『モスバーガー』、出前ピザの『アオキーズピザ』が軒を並べています。お好きなものを買って道を渡れば七里御浜です。浜に座って光り輝く黒潮の熊野灘を眺めながら食べるのは他ではあまり出来ないことだと思います。ただし、ごみだけはもって出てくださいね。


by je2luz | 2006-01-04 12:44 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/2475476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 冬の熊野路要注意箇所      謹賀新年 >>