人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 25日

熊野の旅 水無月も終わり…

 水無月もそろそろ終わりですね。次は文月ですね。
 そして、梅雨の後半に・・・
 今年の梅雨前半は雨無し・・・
 水無月でしたから、後半は「どか雨」「集中豪雨」の可能性が高いですね。

 先日の雨も、総雨量は問題にはならないほどだったのに、短時間に時間雨量の多い降り方だったので川が一杯になったり、石垣が崩れたりしたようです。
 後半が心配ですね。
 大又郵便局で働いている次男坊も、「大又川の水って、出るのも早いけど引くのもものすごく早いね。」と言っていました。

 そうなのです、山の手入れが行き届かなく、間伐も枝打ちもされなくなって、杉山などでは下生えがなくなり、土がむき出しになっています。
 一見、緑の山に見えますが降った雨を受け止めるのは大きな木の葉っぱだけで、下に落ちた水は腐葉土すらないのでいきなり流れ下ります。
 だから降り始めるとすぐに谷の水が増え、本川の水位も上がります。
 降りやむと、今度は受け止められていた水がないのですからすぐに水が引きます。
 熊野の山でもこの状態ですから、もっと流域が広く、川も流れが緩くて水はけの悪いところだと本当に怖いですね。
 さらに、地球温暖化・海水温の上昇で一旦降ると豪雨になりがちです。
 気圧配置にも狂いが生じていますから、関東・東北や北海道なんてところも豪雨地帯になってきているようです。
 災害の写真見ても、この辺のように昔からの豪雨地帯だと考えられないような所に家や施設があります。
 百年に一回あるか無いかのことが段々普通になってくるのでしょう。
 そんなの見ていると・・・
 「長生きはしたくないね・・・」なんて言う人増えてきそうです。
 住んじゃあいけないところに住んでいても駄目だともいえず・・・
 まともに開発の規制もしないで税金まで取ってきたのですから・・・
 この辺にもそんな場所がありますけどね。
d0045383_21444293.jpg



by je2luz | 2017-06-25 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/24608636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野市と世界遺産      熊野の旅 清流 巻頭記事 >>