LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 22日

熊野の旅 清流38号 ゲラ刷り

 今日、「清流38号」の編集も大詰めになり、空きスペースも調整して一部印刷しました。
 「ゲラ刷り」というやつです。
 人間が古いので、紙にしないと読み直しもうまくゆきません。
 それに、清流はB4ですから、この2in1はもちろんですが、メインのPCでも24のモニターでは見通せません。
 くるんと縦に回るような気の利いたモニターでもないですしね。

 この、「紙じゃないと…」という話は、先日の議会の打ち合わせ会合でも話題になりました。
 議案などのデータ化、タブレットの導入に関し…
 「紙なら付箋を貼ったり指を挟んだりしていきなり必要なところへ飛べるし、引く比べもできるけど、小さなタブレットなどではとても代行出来はしない。」

「何台も並べることもできん相談だし、当分は無理だろうね」
 と、言うことです。
 真剣に議案・予算書などに向き合う会議ではタブレットで格好つけるのは無理なんです。
 とうきょp区側の流すものにうなづくだけの議会になっては大変ですからね。
 これを古いという向きもあるのですが、まだまだ、ITとやらがついてきていないんですね。
d0045383_20201643.jpg
私の手元には写真用に買ったEPSON PX-G5300 というA3ノビ、顔料のでかいのがあるのでこのゲラ刷りには使います。
 こいつもメーカーの補修期間が終わっていますが、ぎりぎりで一応整備はしました。
 でも。薄い紙の時の吸い込みに難点があります。
 今日は機嫌がよくてすんなり行きましたけどね。
 スンナリ出来たやつを、スンナリプレゼントしちゃいました。
 まだ、赤ペンを入れていなかったのですが…
 もう一枚ゲラを刷るのですが印刷機がすねなければ良いのですが…
 「Printer」って男性名詞?女性名詞?

 今日は6月定例会の最終日
 議案の討論・採決ですが、この議会で私が反対討論するほどのものはありません。
 質疑で尋ねて、「???」とか「もういい加減にしたら」というのもありますが、そこどまりです。
 釘を刺して襟を正させることのほうが良いこともあります。
 ややもすると、今の内閣府のように職員に責任かぶせて…ということが起きかねませんからね。
 毎日役所に出向いてうろつく中で役立つこともあるはずなんです。
 目障りでしょうけど、トップはあまり役所にいませんから…
  「〇〇市長会」「△△連絡協議会」なんてのが全国・東海・三重県に多すぎて、自分の街にいられないのはいかがなものなのでしょうね。



by je2luz | 2017-06-22 04:23 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/24562376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 すっかり夜更かし      熊野の旅 又かよと言われるかな... >>