LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 12日

熊野の旅 広報熊野6月号続き

 「広報熊野」って、どれくらい読まれているのでしょう?
 読みにくいものでは無いですが、行政の広報誌って中々面白いものは無いですね。
 視察に行くとほとんどの自治体では広報誌をくれます。
 完全に新聞形式のものから熊野市のような小冊子スタイルまで色々です。
 民間に委託しているところもありましたが、効果が読み取れなかったり・・・
d0045383_20211654.jpg
 今年もこれが出ます。
 去年から使える加盟店が増えたようですが、「小売店優遇」ということで
スーパー、ホームセンター、コンビニなどは使えません。
 一万円の一万四千セットですから・・・ 一億四千万円分ですね。
 市の補助は10,500円かな?
 いつも同じ人が買うとか言われますが、使い勝手の問題もあるでしょうね。

 花火の場所取りはいくら注意しても早々とテープを張る人が居ます。
 こうしたものは撤去されてしまいますし、テープを張られると余分なコストも掛かります。
 近づきましたら地方紙などで日にちや期間が発表されます。
 今年も二丁目、三丁目前と新出町、馬留前が一般開放です。
 今年もウィークディですし、殺気立たなくても場所は取れるはずです。
 浜は広いので、20人分とか取っても狭く見えます。
 お互い様ですから、余分な広さは押さえないで下さい。
 
 花火の実行予算が苦しくなっているようです。
 昔のように幅広く寄付を集めませんしね。
 「花火同好会」というのがあり、一口一万円で会員になれます。
特典としては・・・
 (1)花火本部席横に会員様専用席をご用意いたします!
   (1口につき3名様分の観覧席)
 (2)大会プログラム・当日の会場周辺の
   交通規制図と駐車場の案内図を配布。
https://www.kumano-kankou.info/kumano-fireworks/association/
d0045383_20434510.jpg
 出来る方は協力してあげて下さい。



by je2luz | 2017-06-12 04:23 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/24421597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 隣は激震?      熊野市駅前 >>