LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 10日

熊野の旅 時の記念日 時刻と時間

 6月10日は「時の記念日」です。
 なぜ6月10日なのか・・・
 「日本書紀」、天智天皇10年4月25日の項に「漏刻を新しき台に置く、はじめて候時を打つ。鐘鼓を動す」とあるそうです。
 この天智天皇10年4月25日がグレゴリオ暦にすると671年5月10日なのだそうです・
 1920年に東京天文台などが定めた記念日なんだそうです。
 最近は余り「時の記念日」って聞かなくなりましたね。
 
 「時」って、「時刻」と「時間」がありますね。
 「時の記念日」は「時刻」の方から来ているようです。
 今の私には、「時間」の方が大切ですね。
 大隈重信公は人間の寿命は125歳だと言いましたが、それが正しいなら、まだ、半世紀ありますけどね。
 今では「寿命」も「平均寿命」と「健康寿命」に分けて考えられますね。
 一杯管を繋がれて身動きも出来ないとか・・・
 動けても人に迷惑だけ掛ける知能も無くなった状態とか・・・
 私は嫌ですね。
 見掛けが若いのではなく、身体も頭も心も若くなくては面白くないです。
 走り続けて役目を終えたらすっぱりと・・・
 「ぽっくり信仰」なんて消極的なのは嫌いです。
 「熊野信仰」なんてあの世に懸けるのなんてのはもっと嫌いです。
 昔の人が救いを求めたのは分からんでも無いですが・・・
 私は典型的な「俗物」ですから、「六根清浄」なんて無理でしょう。
 末法の世で御仏も救ってくれないなら、人間が自力更生を目指すのもありかな?
 にしても、世間は末法どころじゃあ無いですね。
 「世も末」???
 権力者ってどうしてああなるのでしょう?
 「罰当たりめ!」
 まだまだ、弥勒様の出番まで時間はうんとあるのでしょうね。
 
 今日は訳の分からん記事になっちゃいました。
d0045383_21145964.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村

by je2luz | 2017-06-10 04:35 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/24392327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野市駅前      熊野の旅 月例 広報くまの 6... >>