人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 23日

熊野の旅 陸ではいこらい市 浜では鯉のぼり

 今日は、天気予報では上天気でなんの心配も要らないそうです。
 記念通りでは「いこらい市」です。
 特別な出し物ものがあるのかどうかは分かりません。
 漁業組合の移動販売は「サラタケイカ」を持ってくるかな?
 このところ、オークワに出て居るのは、少々小さくてホタルイカサイズのがあります。
 サラタケは名前の通り「皿の丈」・・・「銘々皿の丈」くらい無いといけませんね。
 よそでは出て居ても「スルメイカ」となっていると思います。
 この足を含め10cmとかのやつでは「赤いか」が出て来ますが、味は全く別物です。
 「さらたけ」はワタごと食べますから、味の違いが大きいのです。
 多分・・・
 餌の関係なんでしょうね。
 この季節ですから、地元のおばちゃん達は「さらたけ」に期待を掛けてくると思います。
 「熊野の季節の味」ですからね。
 春から初夏に掛けて・・・
 「わらび」「ゼンマイ」「ゴンパチ」「タケノコ」「ハチク」「さらたけ」「小鰺」・・・
 本当は「カツオ」も入るのでしょうけど、近年は昔のように「生節」を気楽には食べられません。

 浜では「鯉のぼりの会」が鯉のぼりを揚げる作業をやるはずです。
 土曜日の夕方も旧消防署下ではメンバーの方の姿と重機がありました。
 鯉のぼりをロープにくくりつけ引っ張り上げる時は余り風の無い方が楽みたいですが、上がっちゃったら風がある方が鯉が泳いでくれますからね。
 でも、吹き過ぎろと・・・
d0045383_19425621.jpg
 10時頃に浜に行けばこんな風なのが見られ、くくりつけるのも手伝えると思います。
 日陰が全くありませんからお母さん方はそのおつもりで・・・



by je2luz | 2017-04-23 04:25 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/24112443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 議長というもの      熊野の旅 載せついで・・・ こ... >>