人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 22日

熊野の旅 熊野市の土地

 熊野の人って、熊野の土地が異常に高いことを不思議に思わないで来たようです。
 以前だと熊野市の土地は松阪より高かったり・・・
 土地を担保に金を借りる商売人ならいざ知れず、一般人は一見財産があるようでも実質は「固定資産税」が高いと言うことだけです。
 段々下がってきては居るのですが、まだまだ高いでしょう。
 空き地が増えて買い手が無い・・・
 空き家を取り壊すと残った土地代より高くつく・・・
 つまり、家が建っているとただでも引き取り手が無いのに、評価だけは・・・
 場所によっては洪水や津波の被害が予想されて居る・・・
 当然評価は下がるべきなんです。
 評価が1/4になると財産が1/4・・・
 でもねえ・・・
 子供も孫も使わないんでしょう?
 「不動産」が「負動産」になってきているのです。
 
 公示価格が発表されたようです。
 日本の一部では住宅地もあがったのだとか・・・
 人口が減ってくるのに・・・
 上がらないと困る筋もあるでしょうけどね。
 
 なぜこれを取り上げるのか?
 私の持論だけでは無いのです。
 熊野市が土地を買いそうなんです。
 それも、かなり高値で・・・
 中途半端な変形の土地を・・・
 取り立てて用途も決まらないのに・・・
 「熊野市土地開発公社」なるものが蘇る???
 この組織・・・
 アンタッチャブルなんです。
 少し前にほのめかしましたが、止めるのは至難の業です。
 リコールに行くほどの問題では無いかも知れませんが・・・
 買わなくてはいけない理由があるのかも・・・
 私は要らないと思っています。
 おそらく、熊野市民で賛成する人は少ないでしょう。
d0045383_21095295.jpg
 そうそう・・・
 この看板などは「駅前修景」とかで近年やったように思います。
 この歩道の下には電線用のパイプが・・・
 完成から一年経っても街路灯も点灯していない?
 表玄関だという駅前道路の舗装も出来上がりません。
 不思議なことが次々起きるところです。
 「紀伊木本駅」の頃は町の中心だったのは確かですけどね。
 駅前改修、電線地中化などが振興する間に、コンビニ・土産物屋が消え、もうすぐ鯛焼き屋も・・・
 この辺も水に浸かるんですよね。



by je2luz | 2017-03-22 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23999730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の公示価格      熊野の旅 本日最終日 >>