人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 19日

熊野の旅 熊野古道と語り部

 近年、全国的に増えているのが、その地方に付いて語る『語り部』の制度です。
 ここ熊野市には郷土史研究家と言われる人が数名いましたが、『語り部』と言われるような人はいませんでした。しかし、熊野古道の世界遺産指定を目指した時からそうした人の協力を得て『案内人』兼『語り部』を作りました。
 最初は校長先生上がりの人と市の職員の一人がが孤軍奮闘に近い形でがんばっていましたが最近では協力者も増えているようです。
 熊野古道を歩くのにガイドがいるのか・・・それ自体に疑問もあるのですが、パリを歩くのもロンドンを歩くのも『添乗員』が欲しい人には案内も説明もない旅は物足りないでしょうね。
 熊野は何もないから信仰の対象になり、何もないからそのままの姿で残されてきたところです。これからもそうだと思います。
 テレビ番組でも『自然の中に自分を置いて何かを感じることが熊野古道を歩く意味だ』と言う趣旨のことを言っていました。私もそれが一番だと思います。ここで何があったかではなく、なぜ人々がここに着たのか、それが長年続いたのか、それを自分の肌で感じるのが本筋だと思います。
 語り部とガイドが必要な場合は観光協会や紀南ツアーデザインセンターなどに相談されれば斡旋してもらえるのではないでしょうか?

 写真は熊野古道歩きのお休み処、『紀南ツアーデザインセンター』です。

by je2luz | 2005-12-19 12:07 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/2393002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by takamunekensetsu at 2005-12-23 18:00
はじめまして、私は年に何度となく田辺市とその周辺の山を訪れることがあるのですが(だいたいは仕事ですけど)、18日(日)少し古道を歩いていましたらご年配の団体さんに若い女性の「語り部さん」が雪降る中一生懸命説明をしていました、わたしも傍らで聞かせてもらいましたが大変わかりやすくたのしかったですよ!
古道という特殊な環境でしょうが私は語り部さんと一緒に歩けたらより楽しいと思います
Commented by 三重県在住 at 2006-12-13 22:09 x
はじめまして。検索でたどりつきました。
私はウオーキングも山歩きも好きで、あちこち歩きにでかけます。熊野古道は何度も歩きました。
私は女で、山に出かけるのは不安がつきまといます。女性や年配の方が一人や少人数で山へ出かけようとすれば、家族や知人は驚いたり引き止めます。気軽に行ける里山のような熊野古道ばかりではないので、語り部さんやガイドさんに同行してもらえると安心です。
私が以前、案内してもらった語り部さんは、道に合わせた疲れにくい歩き方や、所要時間など、色々とお世話になりました。「伊勢路は庶民の道で生活道路でもあったんですよ」と話していた語り部さんは、とても気さくで優しいよい方でした。
私は、安心安全に楽しく熊野古道を歩くのが大好きです。


<< 熊野の旅 古道の陽だまり      熊野の旅 ご詠歌と熊野 >>