LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 28日

熊野の旅 寝癖 議案質疑

 昨日も「寝癖」で同僚から叱られました。
 私の髪の毛は堅めなのと寝方が悪いのとでほとんど毎日「寝癖」がついて、どちらかの後頭部にペンギンのように毛が立っています。
 一応、水を付けたりはするのですが納まらないこともあります。
 「嫌味か!」と言われるのですが・・・
 「悔しかったら立ててみい!」などと切り返します。
 よその人が聞いたら仲の悪い議会に聞こえるでしょうね。
 でも、これがワイワイとまかり通るほど仲が良いのでしょう。

 明日の14時までに、一般質問と議案質疑の通告書を出さないといけません。
 「一般質問」は昨日出しておきました。
 データで提出しますから、事務局は誤字の訂正して、所定の様式に流し込み直せば「一丁あがり」です。
 私が議員になった頃はほぼ全員手書きでした。
 議会事務局にはワープロがあったのですが、「リコー」でした。
 私は付き合いの電気屋さんの関係で「日立」だったのです。
 両方共に「書院」「文豪」などと違いマイナーだったのですが、偶然、「リコー」と「日立」は同じものだったのです。
 だから、こうした原稿を「フロッピー」でもって行けました。
 他の議員さんで日立・リコー陣営は居ませんでしたから、事務局は全部打ち直したのです。
 今はほぼ全員データ提出です。

 議案の方では何件かについては軽く聞いておく方が良いのがあります。
 賛否を問われるものでは無いのですが、外郭団体の「熊野市ふるさと振興公社」と「熊野市観光公社」の事業計画も出ています、
 「熊野市観光公社」は「有限会社」なのに全く利益を追求しない会社なんです。
 千万を超す補助金も毎年消えて居ます。
 委託事業をやっても赤字なんです。
 資本金300万円・・・
 今のような経理をすれば「累積赤字」が出ませんけどね。
 普通なら年間2千万円・・・5年で1億円の赤字で倒産です。
 典型的なお役所の外郭団体ですが、議会で一般質問するくらいしか手の出せないものなんです。
 熊野市だけでは無く、国・県・市町村・・・こんなのが一杯あって無傷で生き延びているんです。
 きちんと見張っていないとどこへ行くかわからないのがこうした団体ですね。
 民間?でも「NPO」とか「NGO」なんてのにはわからんのがあるようです。
d0045383_23562677.jpg



by je2luz | 2017-02-28 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23885465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 幼保一元化      熊野の旅 熊野市小船 梅まつり >>