LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 19日

熊野の旅 ちょっと不思議な工事

 近年、継続的に行われている町内と隣接地での「急傾斜対策工事」が今年もあるようです。
 請け負った業者が毎年町内への挨拶を兼ねてやって来ます。
 今年も来たのですが・・・
 工事期間が 平成29年2月7日~平成29年5月22日 です。
 年度を中途半端にまたがっていますが、出納閉鎖という意味では年度はまたいでいません。
 工事が遅れたりした場合、5月末日までは支払いが出来るという予算上の規定です。
 渇水期で無ければ出来ない工事でも無い岩山なのに・・・
 予算が余ってこないとやれないやつ?
d0045383_20501503.jpg
 これが業者さんの持って来た町内配布用パンフレットの一部です。
 案内板を一杯出してくれるようです。
 工事部分は去年の続きでこれで終わりかな?
 完全な岩山です。
 樹木が大きくなりすぎて倒れる恐れはあるのですが、山崩れなどしないはずなんですけどねえ・・・
 要害山から繋がっていた岩山の低い部分ですが、とにかくコンクリートで固め支えるようです。
 正直言って、『ここやるくらいなら他に一杯危険箇所はあるでしょう』と言いたくなります。
 市の工事ではありません。
 市の工事だと金も無いことですしここまで手厚く出来ませんね。

 有馬の無堤防区間は少し取り残されるのに・・・なんて言ってはいけないんです。
 同じ災害防止でも部門が違うんですから・・・
 役所って不便なところなんです。
 


by je2luz | 2017-02-19 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23867914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 南紀は南国気質?      熊野の旅 平成29年度の熊野市 >>