人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 15日

熊野の旅 早春の花見 小船梅まつり

 熊野市紀和町小船で梅まつりがあります。
 この「小船」は熊野市の中心からはすごく遠い所です。
 熊野川に面している、旧・上川村(じょうせん)です。
 この地域は熊野川のこちら岸なので三重県に入れられていますが、生活という面では昔から新宮圏です。
 この上川村の和気(わけ)・楊枝・楊枝川・小船などは大きな川に面しているので明るくて良いところです。
 明治の大洪水など時々洪水に襲われるのが難点ですね。
 今では過疎高齢化が極度に進行してこの「梅まつり」もNPO法人IVUSAの学生さん達が居なかったら維持出来ない状態です。
 このIVUSAの学生さん達は「熊野大花火」にも協力してくれています。
 花火もこの人達に頼るところが大きくなっているようです。
 善意に頼っていては本当は駄目なんですけどね。
d0045383_22482309.jpg
「小船梅まつり」 
 2月25日土曜日  雨天の場合26日に延期
【イベントスケジュール】
10時00分 開会の挨拶
10時10分 民謡・紀和ふるさと踊り
10時50分 ソーラン・チーム雅龍
11時00分 民謡・紀和ふるさと踊り
11時20分 ラグビー五郎丸に続け!
11時50分 ピーアップ
12時00分 民謡・紀和ふるさと踊り
12時20分 こども宝さがし
12時40分 ソーラン・チーム赤木
13時00分 フラサークルハプナ
13時20分 日本舞踊
13時40分 アフリカンイサト
14時00分 プリティエンジェル
14時15分 バンドヤング
14時30分 野中の獅子舞
15時00分 餅まき
※進行の都合によりプログラムの内容・時間に変更が生じますのでご了承ください。
お問合せ 熊野市地域振興課 電話:0597-97-1113

 こうなっていますが・・・
 ご覧下さい、ここでも〆の行事は「餅まき」です。
 これが無くてはまつりにならないんです。

 小船に行くなら新宮市橋本から国道168号に入り、熊野川町日足(ひたり)で「三和大橋」を渡って三重県に戻るのが走りよいでしょう。
 北山方面からなら不動峠越え・169号線宮井で168号の合流・左折で少し下って「三和大橋」でしょう。
 熊野市中心からは色々ですが、板屋からの山越えが距離は近いですが山道嫌いな人には向きません。
 帰りは山を越えて「湯ノ口温泉」は良いでしょうけどね。

 このイベントもそうなんですが、熊野市のHPってほとんどPR出来ていないんです。
 外郭団体も非常に弱いです。
 「観光立市」をうたっているのですけどねえ・・・
 まあ、私ほど暇では無いと言うことなんでしょうね。



by je2luz | 2017-02-15 04:18 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23860826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 市役所がパニックに・・・      熊野の旅 リゾート法と高速道路 >>