LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 02日

熊野の旅 初日の出事情 来年は・・・

 今年の初日の出は天候にも恵まれ、気温も高め、風も無し・・・
 木本から花の窟神社に掛けてはそこそこの見物人?が居ました。
 陽が昇ってもかしわ手を打って礼拝する姿はあまりありませんでした。
 「拝むよりスマホ」の時代ですね。
 だから、「見物人」で良いでしょう。
 私はガラケーだし相変わらずスチール写真です。
 もう、デジタル一眼レフ一台だけ動かしています。
 ちょっと露出補正は掛けていますが、ありがたいことに、RAWで撮っておけば加工がかなり自由ですからね。
 でも、無精なので細かい色補正などしませんね。
d0045383_20195878.jpg
 そこそこ人は居るのですが、堤防の上でこの程度・・・
 日の出5分ほど前です。
 浜は本当にぽつぽつ・・・
 近年は警察の押さえ込みが聞いているので暴走族も走りません。
 ご来光見物って特殊な観光で意外とお金が落ちないんです。
 と言うより、大晦日に夜中営業する店は熊野では無い状態です。
d0045383_20231550.jpg
 今年は波打ち際のかけ上がりまで出て行きました。
 目の前にカップりが一組・・・
 微妙は距離感ですけど・・・
 肩を抱き寄せるほど寒くなかったです。

 昔は獅子岩の所で露天ぶるを作り、赤ふんどしで初泳ぎをした物です。
 それまではクリスマスの頃から獅子岩のライトアップ・・・
 そして、熊野では除夜の鐘をつく寺も無いので暇だから・・・と言うので108発の花火を上げたり・・・
 これみんな、「熊野無線クラブ」がやって居ました。
 今残って居るのは、形を変えた「除夜の花火」だけですね。
 無線クラブがやると資材は持ち寄り、寄付、勤労奉仕でほとんど金は要らないのですが、役所とか絡むと大金が消えます。
 だから、ライトアップも一旦は役所がらみになったのですが消えました。
 真冬の浜に露天風呂なんて普通は出来ませんしね。
 あの頃は無線クラブも会員が多かったし、みんな若かったですからね。
 ひたすら、『興味本位で勤労奉仕』なんてのが無くなって、「補助金」が当たり前になるとイベントが変質しちゃいます。

 来年の予告です・・・
 来年の元旦は満月です。
 そして、「本当のスーパームーン」だそうです。
 近年はスーパームーンを騒ぎますが、目で見て大きくもなし明るくもなし・・・
 でも来年元旦は朝も夜も空を見て下さい。
 この話題なら・・・
 「鬼の初笑い」になるでしょう。


[PR]

by je2luz | 2017-01-02 04:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23755012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野市成人式 本日9時より      初日の出 木本海岸 >>