LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 20日

熊野の旅 少し間延びしたけど・・・一般質問の答え

 11月議会の一般質問のメインとなった、「遊休農地課税強化」と言うことに関連したものの農業振興課および、農業委員会の回答の一部を載せます。

〇平成29年度税制改正の一つとして遊休農地に対する課税強化が打ち出されています。 これが実施されるのは下のような条件が満たされた農地とその所有者に対してだとされています。
 「農地法に基づき、農業委員会が、農地所有者に対し、農地中間管理機構と協議すべきことを勧告した農業振興地域内の遊休農地が対象になる。
 協議勧告が行われるのは、機構への貸し付けの意思を表明せず、自ら耕作の再開も行わないなど、遊休農地を放置して居る場合に限られる。」
 この施策の方向性は過疎の進む田舎の農地を集約し、荒廃を防ぐと言うことでは正しいと思われるのですが、その運用次第で効にも罪にもなり得ると思われます。
 市内では、既に「遊休」を通り越して「荒廃」と言うべき農地も見られると思います。
 そして、不在地主、相続放棄が起きているでしょうし、この先はそれらの急増が予想されます。
 周辺部の集落の多くの部分を占めていれば、熊野市の将来を左右する事になります
 こうした考えのもと、次のような項目についての回答をお願いいたします。
1.熊野市において「農振地区」に指定されている農地の面積はどのくらいなのか?
2.この調査はどのくらい行われているのか?
3.どのくらいの農地が対象になりそうなのか?(面積・戸数・割合)
4.熊野市と「農地中間管理機構」の関係や委託関係などはどうなっているのか?
5.「農地中間管理機構」と自治体・農民との意思疎通は上手く行っているのか?
6.設立が計画されているやに聞く、「農業法人」の役割が大きくなると思われますが、行政はどの辺まで関与するつもりなのか?その立ち位置によっては、市民や議会から見えない外郭団体になりかねませんが、集落の存立や個人財産にまで関わる大きな組織になると思われるので、分かりよい説明が求められると思いますがどうお考えなのでしょうか?
7.不在地主、相続放置農地が増えると、こうした施策も機能しなくなりますが、こうした不動産を受け入れ管理出来る組織、法人を整備する考えはありませんか?
と言う通告書でした。

 12月15日に派答えの部分は載せられませんでしたが、「清流」用に短くまとめたので載せますが、本物は熊野市議会HPの議会録画を見て下さい。
   http://www.gikai-tv.jp/dvl-kumano/
当局の答えの抜粋 1・2・3などに対する数字は下の資料の通りです。
 これもわかりますが、遊休農地では既に所有者の住所がはっきりしないのが半数ほどあるのです。 そもそも、こうした農地は場所の悪い山田などが多いので、170haに所有者が1248名、一人あたり0.1361反4畝の小さな農地なのです
これでは帰って帰農するなんて無理ですし、都会暮らしの人が相続手続きもしなくなるのも当然なのです。
下の数字をじっくり見ると末恐ろしくなります。
資料: 農業振興地域3.200ha 内農用地域  遊休農地170ha 
 所有者1248名 内住所判明574名 内意思表明名287名
    協議対象574名の約3割 
 これを次につなげるには、今のこっているお百姓さんとの間の調査などの接触を心のこもった物にして、「役所に預けて重荷にならないように・・・」と言うことを、子供や孫に伝えてもらう事が大切になってきます。
 手遅れ気味ですが、やらなければ熊野市は動きが取れなくなります
 私の質問は、この姿勢で仕事をして欲しいと担当課にお願いするのが趣旨でした。
 担当課の職員さん達もこうした事情がわかっていて頑張ってくれているようです。
 他の課の事業でも同様の姿勢でやらないと「我が等の熊野市」は作れませんから、ひたすらそれを要望しています。
5・6番目の農業公社構想は具体的には出てきていません。
 大きな役目をするはずなのですが、下手すると経費だけ食う「外郭団体」になりますから、しっかり監視をし、この組織こそ、市民密着にしないといけません。
それには、トップから現場までがその意識を持たないといけません。
税金で職場を作って・・・では、金銭面だけではなく熊野市にとってお荷物になります。
話し合いに応じない農地への課税強化は「8割増し」なんですが、こうした農地に掛かっている税金があまりにも少額(一反900円程)なので、ペナルティとしても効果は熊野市などではほとんど無いと思われます。
ただ、これを機会に農地の所有者の確定や、利用方法の検討をしておかないといけません。
 7蕃は今回も動かす気配無しです。
d0045383_21434725.jpg



by je2luz | 2016-12-20 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23729444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 「清流36号 201...      熊野の旅 あと二本書かないと正... >>