人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 18日

熊野の旅 入鹿温泉ホテル瀞流荘 忘年会

 今年の忘年会は紀和町・入鹿温泉ホテル瀞流荘でした。
 料理を作る調理人?シェフ?はそこの「レストラン瀞蘭」の人だと思います。
 毎年議会の忘年会はここのような気がしますが、今年は大改装が完成して、宴会場が和式から洋式になりました。
 料理はまあ和式でしたけどね。
d0045383_22180255.jpg
 これがメニューです。
 そして下のが大体の料理です。
d0045383_22244370.jpg
 給料天引きなのでいくらの料理かわかりません。
 新姫と熊野地鶏は使ってあります、
 消費拡大ほど使うものではあり居ませんけどね。
 味は、いつもの通り「合格点」でした。
 量の方は、大食いの私には全く不足でしたし、定年間近の課長さんでも少なく感じた人が居ましたね。
 昔のように、忘年会=へべれけ・・・なんて人が居なくなっていて、「飯食いに来てる」なんてのが私を含め大勢なのも、こうした宴会も難しくなったでしょうね。
 私も自分の車で行ったと言うことは、端から飲まない宣言ですからね。
 前には「釜飯」ではなく、「千枚田米の白飯」で、美味しかったのですが・・・
 漬け物が「沢庵と柴漬け」だったかな?
 なぜ、「高菜漬け」が無いの?
 今年は「遊木のサイレ」は揚がってないけどあったら使うのかな?
 味は合格でも・・・「熊野でなくても・・・」と感じちゃいます。
 民間じゃなく、「地鶏』や「新姫」「ハバネロ」「キノコ」を作って居る「熊野市ふるさと振興公社」がやってる少しお高目の施設なんですから・・・

 観光目玉って、「こてこてのご当地もの」を売るところが評判呼ぶんですよね。
 「何所でも一緒」なら、日本で一番遠い所までは来てくれないのと違うかなあ???
 せっかく美味いものを作れるのだから・・・と、思っちゃいます。
d0045383_22453508.jpg



by je2luz | 2016-12-18 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23725545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 あと二本書かないと正...      熊野の旅 人望がないのかねえ >>