人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 16日

熊野の旅 反対討論行います。

 この議会に上程されている議案の中で一件だけ反対するために「反対討論」を行います。
 以前は当日になって、「この議案の委員長報告は可決であります、委員長報告の通り可決することに後意義ありませんか」と議長が行った時に・・・
 「議長!」と手を上げ「反対であります」と言えば、議長から「反対討論を行いますか」と言う言葉があり、「やります!」という手順で、壇上に上がって反対討論を打ったのです。
 今は、反対討論するのも前日の午前中までに届け出しなければならないのです。
 ここも、納得しがたいところがあるのです。
 前日の夜になってからも、議員間での話し合いがあったり、市長からの打診があったりした経験があるのです。
 議決の賛否とはそうしてもので、早々と決まっちゃうものでは無いのです。 
 なのに。「反対討論の届け出」なんてのはおかしい取り決めですよね。
 「粛々と議事を運ぶ」と言うことに気を取られ、議会の本筋を曲げちゃったのかなと思います。
 一般質問の時間を短縮したこととか、この通告制とか、私が議会に居ない間に古株の居ない議会が決めちゃったことなのです。
 たっぷり発言し、自由に行動する議会が古いんだそうです。

 明日は「第3号議案 熊野市議会の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例案」に反対します。
 これは議員のボーナスを人事院の公務員の給料等に関する勧告に準じて引き上げようというものです。
 率にして一年間で0.1ヶ月分・・・額面で34000円の引き上げです。
 議員報酬が安い高いの問題では無く、この熊野市の現状からして、アベノミックスの恩恵など市民には届いていないし、年金生活者が給付金などの支給があると市役所まで出掛けてきて手続きしてやっと暮らしている状況ですから、引き上げるにしても「今じゃあないでしょう!」と言うことです。
 反対討論を打っても、私に付いてきてくれる議員は果たしているのでしょうか? 
 「議員諸侯におかれましては、私の反対の趣旨をご理解いただき、行動を共にされることを切望いたします。」と、付け加えようかと思っていますが・・・

 登壇するのは、午前9時11分くらいでしょうか。
 議案に対する委員長報告とそれに対する質疑が終わってからですからね。
d0045383_19342382.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村  


by je2luz | 2016-12-16 04:20 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23721650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 人望がないのかねえ      熊野の旅 一般質問1 遊休農地... >>