LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 09日

熊野の旅 11月議会一般質問の答え

 今回の一般質問の答えの中で、一番まとめよいのから載せます。
 三番目の
電線地中化共同溝工事について」というやつです。
 この工事は昨年度末に完成したかに見えて居ますが、一向に街路灯は灯りません。
 関西電力・NTT・ZTVなどの工事が行われていないように見受けられます。
 市民から、「街灯は何時点くん?」、「出来たんと違うん?」、「電柱は何時無くなるん?」と良く聞かれます。
 「熊野市の玄関先を綺麗するとともに、電柱、電線を無くして防災に役立てる」という触れ込みの工事だったと思いますが、一体何時完成するのでしょうか?
 私にでは無く、市民の皆さんに判るように説明していただきたいと思います。

 この様に質問した結果・・・
 共同溝には関西電力、NTT、NTT光、ZTVが線を入れないと完成しません。
 関西電力は今年度中には線を入れると聞いています。
 線が入っても各家や店舗への引き込みには時間が掛かるので、各社の工事が終わるのは来年度一杯くらいになり、電柱を引き抜いて完成するのはその後になると思われます。

 何とも、のんびりした話です。
 街灯は結線が簡単なので、関西電力が電力線を入れ、間違わないで100Vの線をつないでくれれば点灯出来るでしょう。
 電気料金の負担の問題は完全には解決していないのかと思いますが・・・
 街頭に火が入るまででも一年がかりです。
 駅前工事からで建設課長が4人目かな?
 誰の責任かも判らない状態です。
 家々の角には線の取り出し用のパイプが立ち上がっています。
 ちゃんと繋がっているとは思いますが、病院の麻酔ガスと酸素のパイプを間違えてつなぐ国ですからねえ・・・
 「街灯の高さが低いことは今は言いません」とだけ言っておきました。
 当初から指摘はしたのですが、「プロ」が決めたことなので問題はないとかで取り合って貰えませんでした。
 2mちょっとの高さでLEDライトが横方向に光を出してまぶしくない???
 そりゃあ、夜にどんどん人が歩く道でもないし、車も多くないけど、あの配置だと、歩行者が街灯の前を歩き車からは認識しよいとは言えないはずです、
 それに、車道と歩道の区別が付きにくい・・・
 新宮市の国道の地中化では、街路灯は通常通り歩道の車道側に高く聳えています。
 それにより、広い範囲を照らすと共に、人と車を分離しています。
 この当たり前の発想がない熊野市の町づくり・・・
 誰の基本思想なんでしょう?
 私の考えが杞憂に終われば良いのですが・・・

 とにかく、市民の関心も高いので。進捗状況を逐次発表して欲しいと要望しておきました。
 ここまで来ると、「素敵な町が出来たと言う手柄」ではなく「ご迷惑をお掛けいたしております・・・から入るべきだ」とも嫌味を言っておいたのですが・・・
d0045383_21284808.jpg
 この電柱が消えるのは一年先でも無理???
 石の上にも三年
 沿道のお店の辛抱は5年?6年?
 お店に車が飛び込まなければ良いのですが・・・
 それより、この5年6年で店主さんは何歳に???
 お店、増えたの?減ったの?



by je2luz | 2016-12-09 04:27 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23697865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 月夜なんだ・・・      熊野の旅 ハワイとチベット >>