人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 22日

熊野の旅 七里御浜 羽市木・口有馬・釜の平

 七里御浜の続きです。
 木本海岸は潜堤が作られ、堤防も30年ほどの年月を掛けて改修され、昔ほどでは無いにしてもかなり浜も太り、台風の高波に対してはかなり安全になって居ます。
 近年は12号台風のような豪雨とか19号のような風とかの被害は出ていますが、並みを伴う直撃台風が来ていません。
 良く書くように、「台風銀座」だったこの地域が「表銀座」では無く東銀座の通り並みになって居ます。
 こんな事書くと東銀座に叱られるかな?
 直撃台風が無いので本当の効果は確かめられないのですが、直撃されなくても沖を通る台風でも、波が浜の真ん中を越すと地響きしたし、走った波が堤防に当たると我が家のように直接堤防に面した家は、もの凄う衝撃を受けていました。
 それが、毎年のように起きていたのですが、潜堤完成後は一度も堤防まで波が来ていません。
 これは、私のような場所に住んでいないと判らないことです。
d0045383_20435485.jpg
 台風の進路が変わっているし、波は潜堤が殺してくれるし、堤防はどこにも負けない高さ(海抜15m)と丈夫さで作られている木本は良いのですが・・・
 熊野市内でもまだ心細いところがあります。
 羽市木海岸・・・階段堤防・・・
 これが高さ不足なんです。
 この堤防が出来る時、同僚の岩本達議員が高さ不足を指摘したのですが、「観光バスから海が見えない」などと言うとんでもない論法で、この高さが決まっちゃったのです。
 私が木本堤防に総力を挙げている時です。
 木本海岸は「木本港」という運輸省管轄の港湾内なので当時は「運輸省」の工事でした。
 羽市木など他の部部員は一般海岸で「建設省」だったのです。
 運輸省管轄でこうした自然慧眼は少ないですから、無理が利いて貰いよかったのですが、建設省管轄の全国の海岸が浸食問題を抱えているので上手く行きませんでした。
 その後で「省庁再編」で一緒の「国土交通省」になっちゃいましたけどね。
d0045383_20444823.jpg
 隣の口有馬地区の堤防も高さ不足です。
 波返しの構造にもなって居ないので、堤防に接した花屋さんなどは非常に危険なのです。
 幸いなことに近年は台風が来ていないから無事で済んでいるのです。
 この区間は海側に立ち上げて壁も無いので歩行には怖いところもあります。
 更に、木本では作って貰ったのですが、ゲート部分の高架部分に手すりがありません。
 海の側は口有馬以外には立ち上げの壁があるので良いのですが、内側は全区間手すり無しです。
 高さ2.5mとかで下がコンクリート・・・堤防天場を人が歩くのに手すりが無い・・・
 安全基準に満たない代物なんです。
 とても、「遊歩道」としては勧められませんね。
 おまけに、本体がかなり老朽化しています。
 工法から刷ると中が空洞になって居る可能性も否定出来ません。
 
 その先の釜の平地区辺りでは「無堤防区間」も残されています。
 木本が完了後は少しずつ工事はしていましたが、今年度の予定でも微妙に残されるようです。
 民家からは離れているし、松原があるので高波が国道を越えて民家まで走ることは無いでしょうけど、津波が予想されるだけに、「無堤防区間」は困りものです。
 来年度にはなんとか繋がるとは思いますが・・・

 海岸・堤防は国のもので、県が委託を受けて管理や工事を行います。
 木本の関しては、とっかかりから、時の市長坪田さん次の西地さんや県議の山下さん・前川さんなどが私が自由に動くことを認めた呉れていたので完成までの30年ほど関与出来ましたが、他の場所は市議ですから中々動きにくいものでした。
 潜堤だけで60億円という巨費を木本に投入してもらって居ましたからね。
 そして、木本堤防が完成したのは昨年度ですからねえ・・・

 この先、私が元気で政治に首を突っ込んでいるなら、無堤防区間が解消したら、羽市木・口有馬の堤防構造の再検討や有馬堤防前提の強度調査をお願いしたいですね。
 南海トラフでは津波の時に堤防の下を通った海水が40cmの高さで芝園などにしみ出すとか言うシュミレーションがあります、
 その時の浮力で軽くなった堤防が津波の圧力に耐えられるのかどうか・・・
 問題提起しても答えは返ってきません。
 恐ろしく軽い堤防になるはずなんです。
 パスカルが浮力を発見したのが悪いのかな?
 物が落ちるのがニュートンのせいだという論法だとそうなりますが・・・
 構造断面図から軽くなる値は出せるはずですよね。
 コンクリートとバラスで作った堤防の比重ってそんなに大きくないはずです。
 水中に入れば、真水でもそれから「-1」ですからね。
 鵜殿港の巨大な一文字も遊木港のも簡単にずれちゃいました。
 私のような素人でも構造図呉れれば計算出来るんです。
 でも、最善を尽くして住民を守るのが行政の役目なんです。



by je2luz | 2016-11-22 09:59 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23632062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 勤労感謝の日      熊野の旅 七里御浜 有馬海岸松... >>