人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 16日

熊野の旅 もうすぐ熊野市議会定例会

 暮れが近づくとほとんどの自治体では議会が開かれます。
 一般には「12月議会」と呼ばれますが、条例では単に「定例会」とされていて、12月になることが多いので「12月議会」と呼ばれているのです、
 でも、日程の関係で11月末に開会することがあり、その時は「11月定例会」と呼ばれます。
 熊野市議会は月曜日初日にする観衆になって居るので、今年は11月28日に開会しそうです。
 と言うことは・・・「11月定例会」ですね。
 11月28日開会、30日一般質問通告締め切り・通告順位抽選。12月7日8日9日一般質問でしょうね。
 議案の方は今の所大きなものが出るという話は聞いていません。
 
 今回も「一般質問」は行います。
 まだ、質問の中身は決めていませんが、大体固まってきています。
 年に4回・・・1期4年で16回・・・2期8年で32回です。
 多い?少ない?
 私からすると、昔は持ち時間90分でしたが、今では60分に短縮されているので、少なくなったと思います。
 90分時代でも全部使い切ることは少なかったですが、納得が行かない時にはかなり突っ込んだ議論が出来ました。
 持ち時間には自分の発言時間、当局の発言時間が含まれ、最初の答弁は市長や課長が壇上に登り自席に戻る時間も含まれます。
 バスケットの試合のようにストップウォッチを止めるのでは無いので余計に短くなりますね。
 議場の壁に取り付けられたカウントダウン時計とのにらめっこになることもあります。
 議員の仕事で大きな部分なのですから、イギリス国会のような無制限にしなくても良いですが、以前の90分に戻して欲しいものですが・・・

 一般質問出取り上げたもので改善されたり事業化出来たりするものもありますし、質問することで明らかになることもあります。
 しかし、施政の方針決定の権限は市長にありますから、中々思うようにはなりません。
 もちろん、予算という制約もありますが政治姿勢の違いが大きいですね。
 それが無ければ、「一般質問」も減るでしょう、「清流」も書くことが無くなってくるでしょう、ブログネタも枯れてくるでしょう。
 私は、往生際が悪いというか諦めない方なので何度でも声を上げます。
 そのおかげで、実現することもあるし、市民の皆さんの理解も得られるようにもなります。
 その分、「気に食わん」と思う人も居るでしょうね。
 でも、議員報酬をもらって居るのですし、出来ることはしなくては・・・
d0045383_08552598.jpg
 議員バッジって、こんな風なものでどうやら金メッキらしいです。
 年数が経つとすれてメッキが剥がれてしまいます。
 私はすぐに外してポケットに入れるので「メッキが剥げる」のが早いです。
 背広着てバッジ付けて・・・というスタイルでは町を歩いていませんから、剥げっぱなしですね。
 ここで変換ミスするとあちこちで叱られますからちゃんとチェックしました。



by je2luz | 2016-11-16 09:00 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23620193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 那智黒石の故郷      熊野の旅 外人さん >>