人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 04日

熊野の旅 イベントと村祭り1 紀和ふるさとまつり

 昨日、11月3日・文化の日は見事なまでの快晴で、熊野市あちこちで行われた「お祭り」も、紀和町板屋で行われた「イベント」も上手く運んだでしょう。
 私は、「飛鳥・飛鳥神社」「五郷・飛鳥神社」「紀和ふるさとまつり」を回るつもりでしたが、五郷のお祭りは11時半には終わってしまっていました。
 紀和町板屋のB&G海洋センターに着いたのは12時半でした。
 こちらはまだまだ出し物も沢山残って居ました。
 人での方は、夏の「火祭り」と秋の「ふるさと祭り」がイベントとしては大きなものなので、「在」の人、市内の人、紀和出身の人などでいつもながら、紀和の人口の割に人出は多いです。
 「村祭り」ではほとんど見掛けなくなった「露天商」「熊野市の店」「外来の店」「郵便局の出店」「消防の広報」「農産品直売」など多様なお店が並んでいました。
 その面では、市内最大の商店街で行う「いこらい市」より充実していますし、人出も多いです。
 これでも、地元の人が言うには・・・
 「昔は、日が暮れる頃まで賑わったんやけど・・・」と言うことです。
d0045383_20033145.jpg
 「第30回」と言うことですから、その間に進んだ過疎高齢化はけたたましい訳ですから、当然、賑わいも減ったでしょう。
 それでも、イベントが絞り込まれているから人も集まるのでしょう。
 中心部のように毎週のように同じ様なイベントがあったのでは、客にとって魅力が薄れるのでしょう。
 主催者が変わったり、予算が変わったりしても、一般市民にとっては同じですからね。
 消耗戦に陥ってはいけませんね。

 紀和にも「八幡さん」などがあり、当然、「お祭り」もあるはずですね。
 紀和には良く来る方ですが、そうした「お祭り」は見たことありません。
 このイベントのような活力や動員力はあるのでしょうかね?
 ちょっと心配になります。
d0045383_20135775.jpg
 紀和のイベント・・・
 夜の火祭りでもそうなのですが、過疎高齢化の町の割に、子どもが多く来ているんです。
 紀和を離れた人も子連れで来ているのでしょう。
 子どもの時の楽しい思い出は「郷土愛」みたいなものになって残るはずです。
 親離れした、小学校高学年から中学生くらいのグループも沢山見掛けます。
 良いことですよね。



by je2luz | 2016-11-04 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23594272
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 イベントと村祭り2 ...      熊野の旅 瀞流荘 キャンペーン など >>