人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 01日

熊野の旅 霜月 山は紅葉

 昨夜、21時・・・洗面所の定点観測場所の気温が18℃
 肌寒い気温になりました。
 そして、今日からは「霜月」です。
 11月1日は旧暦の10月2日です。
 旧暦だと、10/11/12月が冬です。
 7日に立冬ですからちゃんと冬なんです。
 そして、山間部、飛鳥ではそろそろ一桁の温度表示が出る頃です。
 夜中に国道42号線飛鳥とか169号線叔母峰を走る人は、11月中にはスタッドレスに履き替えて下さい。
 私はサマータイヤが減ってきているので、今年は早めに履き替えます。
 ジャッキアップして4本交換するのも若い時と違い億劫ですけどね。
 VW純正の変則パンダグラフ?のジャッキはあまり使いよくは無いです。
 昔のようにボンネットを開けて色々するなんて無いので、せめて、タイヤ交換ででも車に関わろうかなと思います。
 オイルもロングライフだし・・・

 普通だとこの時期には「紅葉がきれい」なんて写真と記事を書く人が多いのですが、熊野に住んでいるとそれが無いのです。
 木本などだと、イチョウが色づいて道を黄色く染めるのは12月中頃?
 山でも黄色くなる木や赤くなるハゼなどありますが、「全山燃えるような・・・」なんてありません。
 昭和39年10月11日から・・・オリンピック開会の明くる日・・・奥入瀬へ紅葉の写真を撮りに行って、生まれて初めて「本物の紅葉」を見てびっくりしました。
d0045383_21251784.jpg
            昭和39年(1964)10月12日 十和田湖
 50年前のアグフアカラー かなり色が抜けています。
 探せば奥入瀬のフィルムもあるはずですが、カラーフィルムが貴重だった時代なので枚数は取っていません。

 「嵐吹く 三室の山の 紅葉葉は 竜田の川の 錦なりけり」
 なんて、百人一首の歌は、子供の頃から覚えていましたが。「竜田の川の 錦なりけり」 なんて言われても、この辺だと、せいぜい茶色い落ち葉が引っかかっている大又川しかありませんでしたから、奥入瀬川、十和田湖に浮かぶ「紅葉葉」見て、納得したようなものです。
 近くだと、国道169から309へ分岐して、「行者還」を天川に越えると紅葉も立派になりますね。
 無精ですから片道60Km程を走るのも面倒です。

 そう言えば・・・
 十和田湖班の高村光太郎作の裸婦像は確か2人・・・
 熊野市駅前の裸婦像は1人でしたね。
 山崎テニスコートの裏の公園で立っていますから見に行ってやって下さい。
d0045383_21344433.jpg



by je2luz | 2016-11-01 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23588068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 入鹿温泉ホテル瀞流荘...      熊野の旅 11月3日 お祭りて... >>