人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 07日

熊野の旅 清流35号 入稿

 ちょっと遅れ気味だった「清流35号」の原稿を印刷所に持って行きました。
 今回の記事はちょっと地味かな?
 「道路事情の変化と先行き」
 「熊野大花火と鬼ヶ城大仕掛け」
 「観光資源と売り込み」
 「生活維持のための乗り合いタクシーと移動販売」
 「イベント・行事の意味」
 こうした内容の5本になりました。
 今週末が木本の祭なので何時上がってくるか不明です。

 こうした原稿を運ぶのにUSBメモリーを使いますが、最初に買ったことは目茶目茶高いので128メガの中古を思い切って買った記憶があります。
 まだデジタルカメラなんて使っていなかったし、それでも間に合ったんですね。
 今はギガだし、同じ128でも千倍になって3000円ほどですよね。
 確か1/1000で中古でももっと高かったです。
 安いから、きちんと管理しないのでしょっちゅう見失います。
 今日も原稿入れようとしたら見当たらず、探したら4コも出て来ました。
 昔はフロッピーでももっと大事にしましたね。

イベント・、行事は誰のため?

 熊野市だけでは無いのですが、政府の補助金などもあるので年中イベント・催し物が行われます。

 熊野市でも「熊野世界No.1フェスティバル」「いこらい市」などをはじめとしてほぼ毎月やって居ます。

 予算を付ける名目では「地域振興」などと言うのが好まれます。

 「丼フェア」があったかと思えば「くまのバル・くまのんクエスト」なんて、当事者で無いとわからないものもやって居ます。

 両方とも、外食すれば少しお得な企画のようです。

 これをやれば食堂は少し潤うでしょう。

 お客さんは誰をターゲットにしているのでしょうね。

 パンフレットとか作って居るようですが、外からのお金を引っ張ってこれるような物では無さそうです。

 色んな企画を見ていると、「内向き」が多いですし、検証がなされていないのがほとんどみたいです。

 参加・協力して居るのは同じ様なメンバーにもなってしまいがちです。

 そろそろ、「それで良いのか?」と立ち止まって一考する必要があるでしょう。

 この「清流」を読まれる方で、何人が公金の入った行事に参加されたことがあるでしょう?

 地方創生みたいな施策が下りてくると、「なんかしなくてはならないから・・・」となっちゃうのですが、役所の金や知力・労力を注ぎ込む先が少しずれている気がしませんか?

d0045383_21060705.jpg
 
 




by je2luz | 2016-10-07 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23535688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 月例 広報くまの 1...      熊野の旅 台風一過なのに… >>