LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 30日

熊野の旅 熊野の容量

以前の役所で貰った資料を見ていたら、熊野市の宿泊施設の収容人数の表がありました。
 少し古いので、今の「海ひかり」が「かんぽの宿熊野」になっていますが、経営者が変わってリニューアルしてもそんなに定員は変わっていないでしょう。
 私がよく知らないものも含めて29施設・・・1332名となっています。
 この中では「熊野少年自然の家」210名などは普通の宿泊施設と定員に入れて良いのやら疑問ですね。
 そんなのを抜いて1100人くらいの収容人数があるんです。
 民宿の類ではほとんど稼働していないものもありそうですから、1000人くらいが熊野市の宿泊者収容能力でしょう。

 熊野は観光地と言いますが、私など浮かべる観光地と趣が違うのは、宿泊施設が完全にバラバラですね。
 観光スポットとも関連が無いのです。
 そして、宿泊施設の多くが「ビジネスホテル」を名乗っています。
 「なみ」「みはらし」「河上」「平谷」「七里ヶ浜」合計295名・・・全体の1/3がこのジャンルですね。
 商都でも工業都市でも行政の町でも無いのにビジネスばかりと言うのも何かを示しているのでしょう。
 観光ホテル的なのは「海ひかり」「熊野倶楽部」「瀞流荘」合計330名・・・これが熊野市内に分散しています。
 カーナビじゃ無いと案内も大変でしょう。
d0045383_22233322.jpg

 田舎らしい「農家民宿」は飛鳥の「やまもと」と赤倉の「あかくら」まだ二軒14名かな?
 商売になるとかでは無いですが、「田舎」「熊野らしさ」を売りにするなら、こうした農家民宿とか、許されるなら、「民泊」が目指すべき姿なのかも知れません。
 副業的な収入で暮らしの助けに・・・
 宿主次第では都会人を引っ張り込むかも・・・

 古道歩きの人をどうする?
 まさか「善根宿」と言う訳には行きませんけどね。
 農家民宿や民泊的なところを好みそうな層だと思いますけど・・・
 茶がゆにサイレの丸干し・・・ヒグラシの声。カエルの鳴き声・・・
 このジャンル・・・まさに宿主次第でしょうか?
 行政だって力を貸せる部分があるでしょう。
 ただ・・・専業では成り立たないだろうという難しさはありそうです。


by je2luz | 2016-09-30 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23520649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の容量 土地は?      熊野の旅 国を買いに来る勢力に注意 >>