LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 11日

熊野の旅 花火の話

 床屋へ行ってきました。
 何となく、行く気になって床屋に入る時髪の毛を引っ張ったら伸び足らない・・・
 三ヶ月たっていない!
 案の定、床屋に入ったら、「いらっしゃい!」のあとに・・・
 「ちょっと、早ない?」と言われました。
 普通の人だと遅い位なのでしょうけど、私は昔から床屋嫌いで滅多に行きませんからね。
 でも、入った床屋を出る訳にも行かず・・・
 散髪も済ませたし、今度のテレビ映りは良いかな?
 見る人が私じゃあ無いと思うかも・・・

 新聞に9月議会の一般質問の登壇議員と題目が載りました。
 本当に名前と題目だけで全然わからない位の記事ですが、ローカル紙はそこそこ皆さん目を通しますから、関連することを質問する人も居ます。
 一番困るのは・・・
 「なんで今度は6人なん?」と聞かれることです。
 「なんで」と言われても、他の人の考えはわかりませんからね。
 一般質問だけが議員活動でも無いし・・・
 私のようにしつこく毎回やる方が少ないのですからね。
 時間を譲って貰えるのなら譲り受けて二時間でもやるだけの課題はありますけど・・・
 何しろ12年間もブログを書き続ける人ですからね。
d0045383_21105395.jpg
 花火の件・・・
 役所相手に質問しても期待出来ない感じです。
 責任を丸投げしてしまった感じで、市には責任が無いのですから答えなく絵も済んじゃうとも言えるのです。
 責任を投げたり、責任の所在場所が不明確だったり・・・
 でも、花火は行われているのだし、住民の防災が置き去りにされたのも事実ですからね。
 市民から見れば「熊野市」がやってる花火に見えるんですよね。
 外郭に投げちゃえば責任は問われないし、まして花火は外郭でも無い団体に投げちゃうのですからね。
 それを押し進めたので担当課でまともな答えが出なくて当たり前でしょう。
 議員なんて身分の職権では答えも引き出せない・・・
 国会議員でも何も言えない外郭や特別会計があるのですからね。
 
 「市政を市民の手に!」と、叫んできましたが、市議じゃあ無理みたいですね。
 東京都ほど大きくないしトップになれば動かせるでしょうけどね。
 「熊野市をわがらに返して貰いませんか?」と声を上げてから、3年ですね。
 ありがたいことにまだ元気で生きています。



by je2luz | 2016-09-11 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23479909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 丸山千枚田 この先は・・・      熊野の旅 曇りのち雨? 千枚田... >>