人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 07日

熊野の旅 一般質問 2。過徴集・還付金について

 この問題はあまり一般には知られていないところもありますが、昔の行政がいい加減というかおおらかすぎたので、市道や農道などの中に個人の土地がそのまま登記も移さずに残って居て、長年課税されていたりするのがあるはずなのです。
 以前にも波田須地内の国道が登記上はどこにあるのかわからない例や、木本のど真ん中の道路で個人の土地が移管されずに残され、ずっと課税されていたなんて実例もあるのです。
 いまも、一つ一つは小さくても、どっさりあると推測されます。
 名義がどうあっても道路の機能は維持されていますが、個人の固定資産税がかかっているのは不合理なんです。
 自分の土地がどうなっているのか細かく把握して居ない人が非常に多いんです。
 そうしたことを、住民がどこに問い合わせて良いのか、ほとんど知られていません。
 これを、この際。「ここに来てくれれば調べます」とはっきりさせたいと思います。
 役所自体で、道路や公有地全てが現状と問う気が合っているか調べれば良いのですが、実務的に無理な面もあります。
 せめて、住民の問い合わせにはきちんと対応し、解決出来る道はつけたいですね。
 この先、不在地主、相続放置物件が増え続けますから、何とかしておかないといけません。
 持ち無視不明、隣地の立ち会いなど不能・・・ 公共事業も災害復旧も出来なくなります。
 そのうち法改正する時代も来るでしょうが、やれることはやっておかないと・・・

 役所では「過徴集」とかに寄る「還付金」が発生します。
 だから、「還付金詐欺」なんてのが後を絶たないのです。
 テレビでも「還付金でATMを使うことはありません」とか「役所からの電話で口座番号と暗証番号など聞くことはありません」などと言いますが、お年寄りには分かるはず無いのです。
 騙される年寄りばかりが悪いのでは無いですよね。
 みんながわかるようにする努力が必要でしょう。 と、言うことですが・・・
d0045383_21375524.jpg
2。過徴集・還付金について

1.今般発生したような、「過徴集」のようなものが、他にもあると思われますが、調査されたことはあるのでしょうか?
 道路その他の公有地で登記が移っていないケースが残されていると思われるが、こうした物は、市民から申告しなければいけないのでしょうか?
 問い合わせはどこにすれば良いのでしょうか?

2.道路や公有地と民有地の境界が不明確だとの声も聞かれるが、調査はどこに申し込めば良いのか?
3.還付金は事実発生します。それ故に、「還付金詐欺」がまかり通るのです。
 キャンペーン時だけでは無く、全職員挙げて老人が騙されないように還付が生じた時のシステムなどを周知させていただきたい。


by je2luz | 2016-09-07 04:12 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23471316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 こんなのあります      熊野の旅 一般質問 1.花火大... >>