人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 29日

熊野の旅 まずはお願いから・・・ ゲート閉めない人に

 8月27日28日も「1番ゲート」のロックが掛かっていませんでした。
 扉はきちんと閉めてあり、右の扉のロックは掛けられています。
 これなその前も同じです。
d0045383_21592043.jpg
 明日はウィークディになり県事務所が開きます。
 このゲートが毎日この状態になっているのは、この時期には魚屋さんの干物干場もありませんから、推測出来るのは花火あけからこの外で防砂堤防の工事をしている作業員が、夕方帰る時に扉は閉めるけど、『明日も開けるのだから』と言うことで、ロックしないで帰っちゃうと言うことです。
 台風が居ても波も無いし、「海抜10mもある場所のゲートはロックまでしなくても・・・」と、気軽に思っているのでしょう。
 でも、もの凄い確率で「南海トラフ地震」があることになっています。
 保温の一分ほどの無精がこの背後地の一丁目ー二丁目を危険にさらすのです。
 住民はこの事実は知りませんから、枕を高くしているでしょうけどね。
 夕方から私が見回るまでの4時間でもその分危険はますのです。
 
 こんなちょっとした事って、軽くみられちゃうんですね。
 なんのために巨費を掛けて堤防を強化し、浜への階段も整備したのでしょう。
 その効果に地元住民は期待してゲートを開け放すなんてこともありません。
 なのに・・・
 こうした土木作業をする業者さんが花火の説きもそうですが、きちんとやってくれないんです。
 日本の土木界の体質???
 発注者の県や市の認識の甘さ???

 私は一市民ですから、業者を叱ったり出来ません。
 だから、しびれを切らしてロック部分に写真の「お願いの文書」を張ってきました。

ロックして下さい

市街地を守るため常時閉鎖の扉です。

ご協力お願いいたします。

  木本町民より

 これなら良いでしょう?
 明日の晩は閉まっているでしょうか?
 明日駄目なら県土木へ申し入れます。
 「万一の時は、発注者と元請けさんの責任を問いますから・・・」と言うことで良いでしょうね。
 悲しくなるようなことばかりです。
 回る手間より、心ないのが役所の仕事を受注する土木関係者だと言うことです。
 市民だって生活がかかっているんです。

 色んな事への目配りが足りない世の中なんですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村       


by je2luz | 2016-08-29 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23440766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 この辺の断層 油断...      熊野の旅 統合・合併  その先は? >>