LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 16日

熊野の旅 段々無信心に?

 今日、15日は「精霊流し」の日です。
 「精霊流し」と言えば長崎が有名ですね。
 木本でも昔は「精霊様」を真夜中に海に流したのです。
 長崎のように練り歩いたりはしませんが、筏を組んで若い衆が沖に押し出して流しました。
 何しろ8月15日の頃は、どこかに台風がいて土用波が立って危ない時期なんです。
 そんな時の夜中に海に入って少し沖まで出すのですから結構危ないことです。
 事実危ない目に遭った人もいますからね。
 初盆の仏様を送っていって、極楽浄土までついて行ったのでは笑えませんよね。
 木本には「灯籠焼きの花火」てえのが江戸時代からあるのに、「精霊流し」まであるって・・・

 飛鳥では大又川が小さいので初盆の家でも普通の家でも「経木」に戒名を書いたのとお供えを一緒に流します。
 とても灯籠なんで流れませんからね。
 木本でも、初盆以外の家でも海に「経木に戒名を書いた物」とお供えを流していました。
 流すと言っても、波打ち際に置いて帰るのですけどね。
 夕方早く、送り火を焚いて流しに行く家や、夜中に流す家などバラバラでしたが、結構沢山の家が浜に来たのですが、今夜9時半頃にゲートの見回りに回っても、2番ゲートで一軒の人に会っただけでした。
 5蕃7蕃ではガードマンさんがいましたので、「浜に出てる人いますか?」と聞きましたが、「今の所誰も来てませんよ」と言うことでした。
 ガードマンさんからは「去年もゲートの見回りに来て話しましたね」と言われました。
 確かに1番ゲートで話をしました。
 堤防のゲートの見回りなんてする素人はまず居ないでしょうから記憶に残ったのでしょうね。

 それにしても、迎え火・送り火を焚く家もあまり見掛けません。
 以前はその松明が町の八百屋からスーパーまで一杯売っていたのですが、今ではスーパーでもほんの少ししか置いていません。
 それに、「盆菓子」と言われる「落雁」て作った蓮の花などの供え物も少なくなっています。
 空き家が増えただけでは無いですね。
 私の家もしなくなりましたからね。
 お盆の「迎え火・送り火」どころか、正月の「門松・しめ縄」もしなくなったのですから・・・
 ますます。季節感が無くなります。
 知っててやらない私は「確信犯」ですね。
d0045383_23011941.jpg
8月 15日の晩ですから当たり前とも言えますが、9時半~10時では2番から7蕃まで駄目でした。
2番と5蕃を残し閉めては来ましたが、今夜は12時を大きく回ってからもう一回見に行きます。
今夜は文句言いません。
ガードマンさんは浜の電気施設が盗まれないように配置されているので、ゲートには関係ありませんから・・・

 こんなの書いたら嫌われる???
 「電線にはガードマンつけて守るけど、住民を守る金も気も無いみたいです」
 独り言ですよ。
 なんだか、避難タワーと野球場の関係みたい・・・

 0時30分からの見回り・・・
 2番と5蕃は最初の時に半開放で残してきたままでした。
 他は一回目に閉めたまま変化無しです。
 夜遅く仏様を送りにでた人はいなかったのかな?
 送って行かないと言うことは迎えにも行っていないと言うことですね。
 仏様は神通力がありテレポートも分身の術も出来ますから、迎えに行かなくても帰ってきているでしょうけどね。
 でも、空き家ならまだしも家も無くなっているし墓まで消えたらどこを依り代に帰ってくるのでしょう?

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村    
    tab

by je2luz | 2016-08-16 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23402150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 前夜祭は盛況 本番の花火は?      リオ・サンパウロ >>