人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 11日

熊野の旅 山の日? 防災って・・・

 なんだか、又、休日が増えたようですね。
 さほど話題にもならないままに、カレンダーに赤文字が増えています。
 7月に休日がないというので「海の日」が出来ましたね。
 「海」があるのなら「山」もと言うことですか?
 それがどうして8月11日なのかは調べる気にもなりません。
 お盆でも無し・・・
 中途半端な気もします。
 「川」「原っぱ」何てのが欠けていますよ。

 今年は市役所の方でも堤防の扉の点検に回ってくれているようです。
 早めの時間のようですが、やっぱり開いているところがあるようです。
 私の回る時間はその後の夕涼みとかで不用意に開けられるのを見回ることになります。
 この巡回が無駄になるのが一番なんです。
 「見回りしていて良かった!」なんてことがあると言うことは、東南海地震か南海トラフの地震で大規模な物が起きた時ですから、無いに越したことないんです。
 でも、気を緩めていい加減にしたのでは、通常の時まで開放されてしまう可能性もあります。
 去年の花火時期には随分閉めて回りましたし、人にも話しましたが、その成果かどうかわかりませんが、この一年間で不用意に開けられていたのを私が目撃したのは一回だけでした。
 長年開放してきた浜への出入り口を閉鎖してこれだけ皆さんに守って貰えるのは大変な事だと思います。
 それだけ、海に面した辺りの住民の方は手宇坊の役目を理解していると言うことです。

 桟敷を組む人って、昔は浜に面した家だったのですが、我が家をはじめほとんどの家は今は作っていません。
 離れたところの人だから、平気で早々と床材のコンパネを張るんです。
 台風・突風の時どれだけ怖いか何て頭に浮かばないんですね。
 そして、役所もそんなことは予想もしないみたいです。
 「防災」なんてこんな小さなことの積み重ねなんです。
 浜への階段だって、地味だけど大事な通路なんです。
 浜を歩いていた人が津波警報を聞いて堤防の内側に逃げ込むにはこれしかないのです。
 だから、県にお願いして堤防完成時に整備して貰ったのです。
 飾りじゃあないんです。
 少しずつ、改善はされてきていますが、この部分は去年より悪くなっています。
 なぜなんでしょうね?
 課の間の力関係????
 そこには「住民の安全」は消えて居ますね。
d0045383_2016218.jpg

 9月1日には大々的に「防災の日」のイベントをやるようです。
 今回は自衛隊の上陸用舟艇までは動員しないようですけどね。
 何かが欠け落ちていませんか???
 市民目線が足りないから、私の指摘など無視出来るのでしょうね。

 「命の高速道路」・・・
 「防災公園の野球場」・・・
 冠は良いですね。
 でも、住民はまだしも観光客には逃げ道もわからない・・・
 堤防などは20日近く避難階段も閉鎖される・・・
 私が心配性過ぎるのでしょうか????

 
 ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
    tab

by je2luz | 2016-08-11 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23389337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 学習しないのかねえ・・・ ゲー...      熊野の旅 声を荒げちゃいました >>