LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 31日

知らない間に・・・ 松の木宿舎

 熊野市街地を一望する高台を「松の木」といいます。
 木本中学校敷地の造成で麓の赤坂地区の宅地を造成した続きで、分譲宅地、簡保センター、雇用促進住宅が作られたのです。
 道路はかなりの急坂で自転車は押して上がらないと駄目ですが、日当たり・見晴らしは抜群、津波の恐れもありません。
 二棟あるのですが、随分前から国の方針、「雇用促進住宅廃止」の流れで入居者を減らし、残留した数軒を除いて空き家になっていました。
 東日本大震災の時には急遽被災者受け入れ施設として熊野市が一時借り入れで使えるように手配した物です。
 滅茶古いもの凄く狭い時代の促進住宅では無いのですが、築後40年以上でしょうね。
 どうして、この促進住宅を空き家化させたのかわかりませんが、耐震は問題なかったのかな?
d0045383_842246.jpg

 こんな看板が上がっています。
 現地内覧が行われているようですね。
 ここも払い下げですが、話題にもなりませんでしたね。
 全国の例からすると恐ろしく安いはずです。
 手直し、化粧直し程度で貸し出すようです。
 坂道は急ですが、中学校は近いです。
 若い世帯で車を使えれば不便はないでしょう。
 家賃の表示などありませんでした。

 「簡保センター」「雇用促進住宅」両方とも、随分昔に話題になった公共物たたき売りの対象物です。
 直接国がもっているものでは無くてもやっぱり公共8の物みたいな物です。
 でも、今となると、町の話題にもならずにひっそりと売却されるんですね。
 この売買価格は立派な「実勢価格」ですよね。
 麓の木本や井戸有馬のように津波の心配しなくて良いし・・・
 次の路線価に反映されるのでしょうね。

 
 ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
    tab

by je2luz | 2016-07-31 08:57 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23345238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 花火当日 熊野尾鷲道...      熊野の旅 名物とは・・・もみじ饅頭 >>