LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 29日

熊野の旅 紀勢線

 久しぶりに紀勢線に乗りました。
 全線開業以来、おそらく黒字になったことのない路線でしょう。
 それでも、車両は綺麗になってきています。
 「ワイドビュー」と呼ばれる車両を導入の時の試運転にも乗せて貰いました。
 以前の車両より窓も大きく明るかったし、試運転車両には「カラオケ」まで付いていました。
 「特急飛騨」同様、観光路線として期待されたようです。
 その後、枕木や線路の改良もあって、所要時間がうんと短縮されました。
 それでも、乗客は増えず・・・
 熊野市駅でも「キオスク」も消え・・・
 特急でも「車内売り」はありません。
 熊野市まで来る客で3時間ほどですが、名古屋で駅弁買うなりしておかないと・・・
 名古屋駅でも紀勢線・関西線の出発ホームは昔から一番端っこで、少し淋しい物です。
 乗客が少ないからなのでしょうね。

 今の人は「汽車の中で駅弁食べて・・・」などと言う旅はしないのでしょうね。
 どこどこの駅では「〇〇弁当」があるから・・・なんてのも消えるしかないですね。
 有名な駅弁は通るなら絶対食べないと・・・
 駅分を覚えていないと「旅行が好きです」なんて言えなかった物です。
 今では、「駅弁は物産展で買う物」になっちゃってますね。
 同じ「マス寿司」「いかめし」でも家で食べたのでは・・・
d0045383_8115449.jpg

 これは名古屋駅の「磨」という弁当で予約すれば駅で受け取れるもので、家への宅配もあるようです。
 1188円だとか・・・
 私にような古いデータだと・・・名古屋駅=とりめし・・・何てことになります。

 道路がドンドン整備されるし、今の所、「無くなる、無くなる」と言われた石油もあるし・・・
 夜行列車が無くなって、長距離は「夜行バス」に客を取られるし・・・
 鉄道も早く綺麗になったけど、「移動手段」としては良くなっても「旅の手段」としては魅力がなくなったでしょうね。

 この先、「紀勢線」の位置づけをどうしたら良いのでしょう?
 形としては「熊野市駅」は玄関に見えるけど・・・
 国や県にとっての熊野古道の位置づけも大きく変わるようだし・・・

 
 ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
    tab

by je2luz | 2016-07-29 08:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/23340703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 名物とは・・・もみじ饅頭      熊野の旅 8月 1日竜宮さん ... >>